東京マルイ:M92Fミリタリーモデル ステンレス (非HGエアコキ)

画像
9月の連休でパックマイヤーカスタムと一緒に買ったものを紹介します。
東京マルイ製エアコッキングガンのM92Fミリタリーモデル ステンレスです。過去にもM92Fステンレスタイプを紹介していましたが、今回はハイグレード(HG)化される前のモデルです。
画像
パッケージはメタリック風の懐かしいものです。ちなみに10歳以上用モデルです。現在のHG版10歳以上用モデルだとHOPアップシステムが搭載されていますが、このM9にはHOPアップシステムは非搭載です。当時の定価は2500円なり(税別)
HG版でも一時期、このパッケージ売られていまたのを思い出しました。今では中身が見えるパッケージに変更されていますね。
画像
パッケージの中は、この様になっています。黒い発泡スチロールで本体とBB弾や安全キャップがあります。中古で購入したものなので取扱説明書やカタログ類はありませんでした。
画像
パッと見でHG版とあまり変わらないようにも見えます。メッキの具合も綺麗で状態が良い中古品だったようです。
ただ、手にしてみるとスライドフレーム共にモナカ構造で剛性はHG版よりは強くなさそうですが、、。
可動するパーツも少なくハンマー、スライドストップ、マグキャッチ、テイクダウンレバー等はフレームと一体形で動きません。
画像
マガジンはグリップ底から引く抜きます。使用されているマガジンは割り箸タイプの物でシルバーの成型色となり、装弾数は13発です。
画像
銃口の画像です。アウターバレルの中央から下にズレて配置されているアウターバレルが、ナントも・・・。
ちなみに銃身下のリコイルスプリングガイドは独立していて金属製でした。
画像
ハンマーはフレームと一体形。ただ、HGモデルでもセンチメーターマスター等はハンマーはフレームと一体形だったりするのでなんとも。でもM9の場合はグリップ後部のビーバーテールがツルツルだったりとします。
画像
トイガンのセフティは、テイクダウンレバーでフレーム右側のボタンを押し込むとトリガーが引けなくなります。
その後ろにあるトリガーバーはトリガーを引くと連動して動きます。
画像
今回、紹介しているM9では、あえて注意書きのシールを剥がしていません。
スライドもモナカ構造の為にスライド右側の銃口付近とリアサイトにはネジが見えてしまっています。
画像
HG版とスライド刻印を比べてみると微妙に異なっていたりします。例えば非HGだと「MARUI Co.Ltd」という刻印がHGだと「TOKYO MARUI Co.Ltd」になっていたりします。グローバルですねぇ(何が)。
昔は、非HG版が発売された頃はリアルなベレッタ刻印だったそうですが諸事情によって現行のミリタリー刻印に変更されてしまいました。ここで紹介しているのは、刻印変更後のもです。ザンネン・・。
画像
HGに慣れてしまうと少し違和感を感じるコッキング風景を撮影したものです。スライドが引けるのは約2.5㎝程です。コッキングするとエジェクションポートには黒のポンプ機構が・・・。もちろんトリガーはコックしてもダブルアクションストロークのまま。

実射性能ですが、ノンホップの10歳以上用モデルなので飛距離は10mちょいです。命中精度は比較的良いのですが、時々大きな外れ弾があるときがあります。
画像
HGのM9と並べてみました。見た感じでは、どちらがHG版か見分けがつきませんね。
性能的にはHG版に及ばないかもしれませんが、昔からマルイのクオリティが高かったのが分かります。

※ちなみに画像の左側が非HGのM9です。

重量:約350g 全長:約217㎜

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

JIRO
2011年10月16日 22:02
どうもです!!!


M92Fはスライドストップかけた状態がハンドガンの中でいちばんカッコイイと私は思います(笑)


私がいちばん最初に手にしたエアガンもM92Fでした(^_^;)


このblogをみてクロームステンレスモデルがほしくなりましたね(笑)(すでにサムライエッジ所持してるんですがね(笑))


あ!!!報告ですが私のM870がエクステンションカスタムモデルになりました!!!


存在感半端ないですp(´⌒`q)(笑)


マル吉さんもエクステンションキット組み込んでみてはいかがでしょうか(`・ω・´)!!
2011年10月17日 14:25
 スライドストップ、分解レバー、マガジンキャッチも一体(のモールド)のためメッキされていて、見た目はHGモデルよりもきれいですね。セフティも、同じ位置のS2Sと違って、外観を損ねないうまいやり方ですね。
 Y!オークションでピエトロベレッタ刻印のを見かけて買うか迷ったことがあります^^;
2011年10月18日 21:52
JIROさん//
M92のホールドオープンしているのは、絵になりますよね!
自分も好きですよ(^^)
特に初めて買ったトイガンは愛着がでますよね。

エクステンションカスタム完成しましたか。
自分もパーツを注文して早く作りたいですね。
2011年10月18日 22:04
フィンブルさん//
確かにプラ成型色のHGタイプと違いメッキ処理がされていて綺麗ですね。
S2S、M92のセフティはスライド式でしたね。そう思うとマルイも結構、やりますねぇ(^^)

ベレッタ刻印のモデルがオークションで出品されてたんですか・・・凄く欲しかったかも(^_^;)
2013年10月19日 20:37
おお~ マルイのM92Fのエアコキって非HGモデルが存在したんですね。初耳です。

ところで、エアコキ10禁のステンレスタイプって18禁ステンレスと表面仕上げが異なるのでしょうか。自分昔HGのステンレスM92F(10禁18禁どっちだったかなぁ^^;)を持ってましたが、現在所持しているガスブロのM92Fとメッキの反射具合は大して変わらなかったと記憶しています。先日ショップで10禁の現物を確認しましたが、メッキというよりも塗装でしたね…
もしかして、マルイさんコストダウンのためメッキを止めて塗装に変更したとか…(スミマセン勝手なことを)
2013年10月20日 00:44
かめんぎさん//
マルイのコッキングは昔から発売されているシリーズですけど、発売期間も長くリニューアルされていることが多いんですよね。

基本的に“ステンレスモデル”として発売されているエアコキは10禁、18禁ともに仕上げは同じだと思いますよ。
それに“ステンレスモデル”はメッキ仕上げで塗装では無いと思います。でないとM92F以外のセンチメーターやオートマグ3などなどのモデルは元々もシルバー塗装ですので“ステンレスモデル”と“通常モデル”の違いが無くなってしまいますから(^_^;)
ただ、工程などの変更で質感などが過去のモデルに比べて変化してきているのかもしれませんね。
2013年10月20日 10:08
なるほど。そういえば、マルイの公式サイトでもエアコキは“ステンレスモデル”と表記されてますね。電ブロのM92Fではシルバーモデルと書かれてあったので何か混同(混乱)してしまったみたいです^^; いつも丁寧にありがとうです
2013年10月20日 14:54
かめんぎさん//
電ブロはシルバーメッキではなくて塗装になっているんですよね(^^;
この辺りはエアコキ、電ブロ、ガスガンとややこしくて紛らわしい製品名だと思います。
まるきち
2013年10月22日 18:43
2013/10/20 00:44のコメントの補足//
私が返信したコメントについての補足です。
返信コメントで“ステンレスモデル”についてメッキ仕上げで 塗 装 では無いと書いています。これはコメント に も 書いていますがエアコキ(=エアコッキングガン)の“ステンレスモデル”についてであり、全ての「電動ガン」や「ガスガン」にあるステンレスモデル(シルバーモデル)のことではありません!

この記事へのトラックバック