マルゼン New INGRAM M11 レビュー後編

前編に引き続きマルゼン製M11の続きです。
画像
M11のセイフティです。トリガーガード内にあって本体右寄りに設置されていてコレをスライドさせてオン・オフの切り替えをします。
画像
オープンボルト方式のモデルなのでボルトを引くうとホールドオープンの状態になります。これにガスを入れたマガジンを挿入すれば射撃できます。弾が無くても撃てるので空撃ちが出来ます。
画像
本体の左側にセミオート・フルオート切り替え用のセレクターがあります。コレを回転させて発射方式を選びます。
画像
マガジンは金属製ですが24発のBB弾を装填できます。ガスもこのマガジンに底から入れます。このショートマガジン以外にも別売で50連マガジンがあります。
画像
別売の50連マガジン装着時の様子。
画像

画像
サイトですが、これは狙い難いですね、しかもストックを使用した場合は短さ関係して使うのは難しいと思います。
ただ、フルオート射撃時にはサイトなんて使っても当りませんケドね(苦笑)

画像
動作ですがフルオート時には物凄い音と共にBB弾が的に吸い込まれて行くかのように見えます。
フルオート射撃では強めのリコイル等の影響もありサイトなどは役にたちません。これは弾を目標に向かってバラ撒くための物だと実感させられました(笑)
セミオートではそれなりに目標に命中させることが出来る。という感じです・・・

<動画>



<感想>
今回、紹介したマルゼン製イングラムM11はハンドガンの様なコンパクトさ、とは裏腹にとても強力な火力を有するサブマシンガンだと思います。別売の50連マガジンを使用しても数秒で撃ち尽くしてしまうこのモデルは一度使うと楽しくてハマル1挺です。価格もマルイ製のハンドガン程とお手ごろでコレクションやサバイバルゲームのサブウェポン等にもオススメできるトイガンだと言えるでしょう!!


定価14490円 全長254mm(ストック展開時450mm) 重量825g 固定ホップアップ搭載

M11をアマゾンで検索

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

だいじそ
2008年10月05日 23:47
どうもどうも「イングラム2丁使い」のだいじそですw
マルゼンとKSCのイングラムを両手に構えて撃つ事数年w
マルゼンのほうから崩壊しました(汗

しかし、それにしましてもマルゼンという会社は遊び心を充分に持ち合わせた天晴な会社と言えましょう。
なにしろ安い!
のに!
あの性能!
お見事!

まる吉さんも、この勢いでMP5クルツも買っちゃいましょう!
(既にお持ちかしら?)
クルツちゃんの発射音は、このイングラムを越えておりますぞw

ではまたw
2008年10月06日 22:42
だいじそさん//
>どうもどうも「イングラム2丁使い」のだいじそですw
#おぉー、「イングラム2丁使い」といえば映画の
トゥルーライズでシュワちゃんみたいなの想像しちゃいます

>マルゼンのほうから崩壊しました(汗
#どわぁ~それは残念です
やはりKSCの方が長持ちするんでしょうかね・・・

>しかし、それにしましてもマルゼンという会社は遊び心を充分に持ち合わせた天晴な会社と言えましょう。
#ホントにマルゼンは素敵な会社だと自分も思います。
次はOO七に成済ますためにPPKやP99の購入を予定しています!

>まる吉さんも、この勢いでMP5クルツも買っちゃいましょう!
(既にお持ちかしら?)
#いえ、まだクルツは持っていないんですよ(;^_^Aクルツの方も良く出来ているみたいですね。もし買ったらM11とクルツで沈黙の戦艦のセガールみたいに使ってみたいですね♪

この記事へのトラックバック

!お知らせ!
12/15(水)未明のウェブリブログのメンテナンスは終了しました
※メンテナンス期間中、ご迷惑をおかけいたしました。
※当ブログ内の画像や文章を転載するのはお止め下さい。
Copyright (C) まる吉のトイガン駐屯地.