べレッタM92FS タクティカル・コンプ (BERETTA M92FS TACTICAL-COMP)

先日買ったS2SのM92FSのインプレをしたいと思います。
画像
自分の買ったモデルはコンプ付きのモデルでインナーバレル(真鍮製)が少しだけ延長されていてホップアップシステム(全モデルで)も搭載されています。マガジンはフルサイズ(少し小型)で装弾数は12発です。

画像
今回は「まる吉のトイガン駐屯地」初の集弾性テストをしてみました
室内で5mの距離からS2S製の0.25gのBB弾を5発射撃しました赤まるが着弾点です。的の中心を狙ったのですが5発中4発が中心より左側に命中しました(もう1発は下側)。これはまる吉の射撃能力が・・・からかなorz いやこのモデルがハズレ個体だったのです・・・・よね?OTZ
画像
話を外見に戻すとこのM92FSのエアコキは実銃のメーカーのべレッタ社刻印が入っています。ただ刻印が浅いので刻印だ消えているところもあります(フレーム前部部分)。
画像
上の画像では解りにくいかもしれませんがスライドとバレル?は一体成型で出来ていますのでエジェクションポートも開きません
画像
ハンマーも右側から見ると同じS2S製のP226と同じ肉抜きハンマーになっています
あとこのハンマーはシングルアクションのみ可動します。
画像
画像中央にあるレバーがセイフティになっています。画像の状態ではセイフティオンで射撃できません。フレーム右側には台湾製を示す刻印やメーカーの刻印があります

簡単にこのM92FSのトイガンの長所と短所を箇条書きにしてみました
長所
べレッタの刻印が入っている
価格が安い
真鍮製バレルを使用している
・フロントサイトにホワイトの線が入っている
様々なM92FSモデルがある(ノーマルモデル、色違い、対象年齢違いモデル)

短所
・スライドとバレルが一体成型で出来ているためエジェクションポートが開かない
・ハンマーが肉抜き
装弾数が少ない
ランヤードリンクがない
S2Sの製品なのでP226のように壊れる可能性がある

感想?
色々とこのエアコキの良い所や悪い所を書きましたが、もしこのエアコキを買うときは店頭で良く外見等を確認することをオススメいたします。確認して許容範囲であればとてもオススメのエアコキでもあります
では最後に相田みつを風に感想を申しますと
「見た目が悪くたっていいじゃないか 安いんだもの」 まるきち

という感じです。※(まる吉的には1800円の出費は大きいですけど)


メーカー S2S 定価 2310円(ノーマルモデルは2079円) 全長 約238mm 重量 約420g BB弾100発付き

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

ブタ吉
2007年05月16日 21:46
やっぱりエアコキは安いからいいですよねー
それと・・
初の集弾性テストおめでとうございます
(*^◇^)/°・:*【祝】*:・°\(^◇^*)
これからも頑張って下さいね!
だいじそ
2007年05月16日 22:55
SIISはとても気になる会社です。
壊れやすいんでしょうか。
マニアとして一挺は欲しいところですが。
集弾のインプレは参考になりました。
エアコキは、私の中ではバイクでいうところの原チャリみたいな存在です。非力に見えますけど、乗るとめっちゃ楽しい。
そんな感じです。
ある意味、エアコキほど楽しくなるトイガンもないでしょう。
そう言う意味で、こちらのブログは私の心のオアシスです。
今後とも、ご活躍を期待しまくりますので、どうぞよろしくお願い致します。
2007年05月17日 19:45
ブタ吉さん//
>やっぱりエアコキは安いからいいですよねー
そうですねエアコキは安いのでちょくちょく買っちゃうんですよね(;^_^A。

>初の集弾性テストおめでとうございます
今回初めてやってみたので少し解りずらかったかもしれませんが今度やるときは解りやすくしたいです。
>これからも頑張って下さいね!
ハイッ!頑張りますね(^^ゞ


だいじそさん//
>壊れやすいんでしょうか。
M92FSが壊れやすいというか前回紹介したP226(S2S製)のマガジンキャッチが壊れてしまったのでM9でも壊れるかもしれないという注意の意味で書きました。

>集弾のインプレは参考になりました。
>こちらのブログは私の心のオアシスです。
そう言って頂けると
とてもとても嬉しいです(^^)。

>今後とも、ご活躍を期待しまくりますので、>どうぞよろしくお願い致します。
こちらこそよろしくお願いしますね
南木
2007年05月17日 22:38
イジェクションポートが開かないのは、気づかないくらい素早くコッキングをしろということなのです。ハンマーが肉抜きなのは、材料費をケチっているのではなく「タクティカル・コンプ」だから。他社のELITEやCQBなどのM92でもハンマーはスケルトンタイプでしょ! ランヤードリンクがないのも同じ理由から。装弾数が少ないのは、実銃の雰囲気を壊さないため(実銃は15発)。さらに壊れやすく作っているのは、「愛を持って、大事に扱ってね」というメーカーからのメッセージなのです! どうです、短所が長所に見えてきませんか?(笑)
2007年05月17日 23:27
南木さん//
そうですね南木さんの言うとおり
考えてみるとこのM92FSが機能的な
設計のような気がしてきました。
(゚ー゚)(。_。)ウンウン
物は考えyouですね(^^)
まる吉
2007年05月17日 23:30
上のコメントで変換ミスがありました
<物は考えyouですね>ではなく
<物は考えようですね>の間違いです
m(__)m

この記事へのトラックバック