SIG P230

     
画像
写真のエアコキはアカデミー(韓国のメーカー)製の10禁P230です。1年くらい前に約1100円で購入したものです。一応ホップアップシステムが搭載されていますが0.12gの弾だとホップが掛かりすぎで0.2gの弾だと約10mくらいしか飛びません。あとハンマーは可動しますが引き金と連動していないためにコッキングしても元の位置に戻ってしまいます(スプリングアクション)。
      
画像
マガジンの装弾数は21発です。エジェクションポートは開きませんがスライドにはSIG SAUERなどの刻印などもあるのでコレクションには良いかもしれません

映画では    2007.5.25 追加
この拳銃は日本の警察でも採用されているので、邦画等でもよく登場します。例/「アンフェア」、「恋人はスナイパー」など

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

とも
2008年05月11日 07:49
すんげぇ~易そうなエアコキっすね!
KSC社だと15000円ぐらいするけど、
マニュアルセーフティーとか、いろいろはいっているよ!
しかもリ・ア・ルだし・・・。
SPの最終回で、犯人が岡田君の向けて発砲するときに、セーフティーがかかってて、一命取り留めたり…。
俺的には、KSC社の方が好きかな?
2008年05月11日 20:47
ともさん はじめまして!
>すんげぇ~易そうなエアコキっすね!
#マルイのエアコキなどと比べると壊れやすいかもしれませんね(;^_^A

>KSC社だと15000円ぐらいするけど、
マニュアルセーフティーとか、いろいろはいっているよ!
しかもリ・ア・ルだし・・・。
#さすがに価格が10倍以上するKSC製ですと
とてもリアルでしょうね・・・

>SPの最終回で、犯人が岡田君の向けて発砲するときに、セーフティーがかかってて、一命取り留めたり…。
#あのドラマ見ていたらKSC製の
ガスブロが欲しくなりましたね(^^)
いつか、買いたいと思います。

この記事へのトラックバック