まる吉のトイガン駐屯地

アクセスカウンタ

zoom RSS スピードローダー @クラウンモデル

<<   作成日時 : 2018/05/27 14:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
クラウンモデル製のリボルバー用スピードローダー買ってみたのでご紹介したいと思います。

リボルバー用スピードローダーは、1発ずつシリンダーに装填するよりも素早くリロードすることができるグッズです。また、カートリッジをローダーにまとめて携行できます。
これまでクラウンのリボルバー用カートリッジは、トイガン向けオリジナルサイズだったので実銃用スピードローダーをそのまま使うことができませんでした。しかし、リボルバーといえばカートリッジアクション!これを盛り上げてくれるクラウンのリボルバーにも使えるスピードローダーを遂に純正オプションとしてメーカーから発売されました。
画像
こちらがクラウンのスピードローダーのパッケージです。
.357マグナム系(パイソン、M19、M586、M686)カート用と.44マグナムカート(M29、M629)用があり定価はそれぞれ980円(税別)也。このスピードローダーはエアーとガスどちらのカートリッジでも使えるとのこと。
画像
.44マグナム用のローダーをパッケージから取り出してみました。シリンダーに合わせた蓮根状のローダーのボディはプラスチック製の為、軽量です。
ローダー後方につまみがあり、このつまみを捻りカートを装填します。
.357マグナム系ローダーとの違いはカートを差し込む穴の大きさで、どちらも同じつくりの為にパッケージから出してしまうと判別が難しいです。それぞれ区別できるようにローダーに刻印などを入れたり、パーツカラーを変えて目印がほしいですね。
画像
写真のようにローダーの前方からカートを入れて使用します。この時に最初にローダーのつまみを後方から見たときに対して反時計回りにひねり、ロックを開放しておかないとちゃんとカートを収めることができません。
ローダーにカートを入れ終わったら、今度はつまみを時計回りにひねり、カートをロックすれば準備完了!
画像
あとはシリンダーのそれぞれの穴に合わせカートの先端を合わせてから、ローダーのつまみを反時計回りにひねると、ローダーの全カートを同時装填することができます。
画像

画像

画像
.357マグナム系ローダーも使ってみました。こちらには先日ご紹介したエアリボ用メタルカートを入れてみます。重量のあるメタルなのでプラカートよりもローダーからスルッと装填されるのが気持ちいいです♪
.357マグナム系ローダーをマルイのエアリボパイソンに試してみると、そちらにも使うことができました。
ただ、M29よりもパイソンカートの方がロックがゆるく、カートそれぞれがローダーに入れてもグラグラして感覚を掴むまでシリンダーに合わせる作業に戸惑うかもしれないです。


クラウンリボルバーに使える専用スピードローダーが発売されました。このスピードローダーは、一緒にスペアカートと合わせてリボルバーの醍醐味でもあるカートのリロードアクションの雰囲気を楽しみ、リボルバーシューティングを盛り上げてくれグッズです。


<2018.5.27. 23:00 追記>
画像
スピードローダーを見分けるため、試しに.44マグナム用ローダーのつまみをシルバーで塗装してみました。
分解も簡単でプラス穴ネジ1つ外すだけでつまみとローダーを分解できました。
ローダーの中にクリック用の小さなベアリングとスプリング入っていて、これが特に固定されていないのでひっくり返した時に無くしそうなって焦りましたが、なんとか回収できました。。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スピードローダー @クラウンモデル まる吉のトイガン駐屯地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる