まる吉のトイガン駐屯地

アクセスカウンタ

zoom RSS 三つ又

<<   作成日時 : 2017/01/14 15:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

ネットショップのセールを巡回していたらカッチョイくて手頃なハイダーが目にとまり、買ってみました。
画像
購入したのが、こちらAACタイプのハイダー(逆ネジ)です。UFCブランドで売られている中華製のもの。
画像
ハイダーの先端が三つ又に分かれていますね。そういえばマルイの次世代電動ガンSCAR-Lに付いているハイダーもこのタイプだったような。。
このハイダーの素材はスチールで、ズッシリと重たくて約120gほどもあります。
画像
質感はあまり良いものではなく、表面仕上げも粗く、ガサガサでキレイなものではありませんでした。表面が粗かったのでハイダー全体にシリコンスプレーを吹いてみて、少し表面が落ちついたかもしれません。

それとハイダーとバレルへの固定は、ハイダー側のイモネジで、と思ったら肝心のイモネジが無い! 付いていません・・・・・・・。
ショップに問い合わせをしようかなと思いましたが、ラジコン用M3×3mmのイモネジを持っていたので試しに付けてみたら、ネジ穴にそのまま使用できたので流用しました。

画像
実は、専用サイレンサーもセットで付いてきました。このサイレンサーもAACタイプを再現しており、ハイダーの上から装着することができます。
画像
サイレンサーの主な素材はアルミ製。全長は約170mm、直径約37mm、重量が約250gと程よいサイズ。
内部には減音用ウレタンとズレ防止用スプリングが入っていて、意外と(←オイッ)ちゃんとしています。


それでは、このハイダーを取り付けるモデルを紹介します。
画像
ハイッ こちらのKSCのMASADAに付けます。元々だとバードケージタイプのハイダーが付いていますが、今回はコレを交換しました。

画像
MASADAのバレル先端は逆ネジ仕様なので取り付け・取り外しも簡単に行えます。
初めにMASADA純正のバードケージタイプのハイダー裏にあるイモネジを緩めて、ハイダーを回して取り外し、交換するハイダーをバレル(ネジ)の先端に合わせて逆ネジ方向に回して最後に位置を決めてイモネジで固定すれば装着完了です。

画像
とても簡単に交換できるのが良いですね。ハイダーを交換してから実射すると撃った後に共鳴してキーンと金属音が聞こえ良いものです^^


ここから更にサイレンサーを付ける方法は
画像
まずハイダーの上からサイレンサーの溝が深い方を被せて・・
画像
ハイダー側のネジ切りに合わせて正ネジ方向に回し、カチッカチッカチと音がするまで回し続けて・・・
画像
カチと音が止まる所でサイレンサーのラチェット機構によりロック完了です。
画像
マサダにサイレンサーの図。ガスブロの為、減音効果は殆どありませんけど雰囲気はカッコイイですね。
画像
サイレンサーの取り外しはリリースボタンを押しロックを解除しながら、取り付けた時と反対方向に回すと引き抜けます。工具も必要なくシュッシュと取り付け・取り外しが楽で便利ですね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
《購入しました。PC356》
こんばんは。
前回は自分のコメント上の不始末で、大変なご迷惑をおかけしました。
改めて、深くお詫び申し上げます。

中国製ですので、処理の粗さは致し方ないと思います。
ただ、購入時点でネジがないというのはなんとかならなかったものでしょうか……。

PC356、ようやく購入できました。
予想どおり、これまで購入したエアーコッキングや電動ブローバックとはくらべものにならないほどのクオリティで、狙いやすく撃ちやすく、即座にオートマグVとならぶお気に入りモデルとなりました。
これほどのスタイリングや性能を持ち、軍事&競技両関係者の高い信頼を獲得しながら、実銃世界でメジャーになれなかったのが不思議にして不遇の銃です。

以前、M1911vs日本刀の対決についてのお話をいただきましたが、同番組内ではこのPC356と同じPC社がカスタムしたPC945も登場し、銃弾はティッシュペーパー何枚で受け止められるのかという実験に用いられました。
韓国軍制式銃で、PCカスタムシリーズとしてはこちらが有名になっているようですが、独特のツートンカラーで精悍な印象の356にくらべ、やや無機質な印象を受けました。
パイソン007
2017/01/14 17:12
パイソン007さん こんばんは

ハイダー単体だったらイモネジが無くても大丈夫かもしれないのですが、サイレンサーを外す時にイモネジで固定していないと少しづつ緩んできてしまう為、付いていなかったのは残念ですね。

PC356購入されましたか。
元が競技用モデルということで見た目にも気を使ったデザインですよね。
S&W社のカスタム品をちゃんと再現していて、ホンモノをそのままに扱いやすいエアハンドガンだと思います。

PC945が韓国軍に採用されているのか存じませんが、、既存のM4506のスライドとM1911系フレームをベースにしているPC945よりも、新弾薬の為に新規設計されたPC356のように新鮮なイメージではない感じかもしれないですね^^;
まるきち
2017/01/16 22:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
三つ又 まる吉のトイガン駐屯地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる