まる吉のトイガン駐屯地

アクセスカウンタ

zoom RSS Sand Colorがあるのなら・・・

<<   作成日時 : 2016/12/19 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 先月、東京マルイよりガスブローバックガン、サムライエッジの限定モデル“スペシャルカラーバリエーション”が発売されました。
スペシャルカラーバリエーションは、主要パーツをサンドカラーで仕上げたモデルとなっています。そこで、サンドカラーがあるのなら「主要パーツをブラックでまとめたバージョンがあっても良いのでは?」をコンセプトにブラックモデルを組んでみました。
画像

画像
ベースガンは、サムライエッジ スタンダードバージョン ハイグレードモデルを使いM9A1の2トーンモデルを組んだ時に用意したブラックの純正アウターバレルを組み替えてみました。

組んでみるとブラックのアウターバレルによって特殊部隊専用拳銃といった特別な雰囲気が少し薄くなってしまいましたが、反対にオーソドックスで落ち着いた雰囲気になって、これはこれでありかもしれないですよね。
画像

画像
ブラックのアウターバレルに交換をしましたが、リコイルスプリングガイドはシルバーのまま残してみました。シルバーのアウターバレルほど華やかなものじゃないと思いますが、ホールドープンした時にチラッと現れるスプリングガイドはグリップに次いでのアクセントになるかと。
画像
華やかなバリエーション豊富なサムライエッジシリーズですが、1挺くらいは静閑なモデルがあっても良いですね★


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
自分はモデルガンの改造などはせず(技術がないといったほうがよろしいでしょうか)、あくまで素のままのオリジナルを楽しむ趣向ですが、オリジナルが気に入らない!という場合もあるので、その場合は改造するのも吉で醍醐味ですね。
モデルガンライフの幅がグッと広がります。

さて先日、購入予定外としていたクラウンM296インチを購入しました。
あの荒くれ刑事、ダーティーハリーことハリー・キャラハンの愛銃として名を馳せています。
モデルガンライフの第1歩となった、アオシマの4インチ(パワーリボルバー)よりはるかにリアリティがあるのはもとより、ライバルであるパイソン8インチとくらべると、明らかにグリップやシリンダー周り(カートリッジ含む)の大きさに差が見られ、同じリボルバーでこれほど違うものかと思いました。
重いといわれるコッキングはそれほどでもなく、引き終わりに多少引っかかる程度で、むしろパイソンよりスムーズに引ける感じでした。
パッケージもパイソンの青に対して、渋さの強い黒になっています。

以前のこちらのレビューや他所のレビューでは、撃ってもまともに飛ばないと酷評されておりましたが、初期ラインナップですし、個体差もあると思われますので、のちほど実際に撃ってみようと思います。
パイソン007
2016/12/25 21:13
余談ですが、クラウンのリボルバーシリーズは台湾のUHC社と提携し、OEMという形で輸入販売されていることはご存じかと思います。
もし使用中の破損(非改造のみ)や、製造上の不具合などが見られた場合は、修理依頼を受けたクラウンがさらにUHC社に依頼する、という形になるのでしょうか。
パイソン007
2016/12/25 21:55
パイソン007さん こんばんは

改造といってもバレルを入れ替えただけですが^^; パーツや手法によって色々な楽しみ方ができることは面白いです。

デザートイーグルに続いてM29も購入されたんですか。続々とパイソン007さんのコレクションが増えていますね^^

やはりM29といえば当方も映画「ダーティーハリー」の劇中にて、とても印象的な使われ方をしていたので一番に思い浮かびます。

流石、.44マグナム弾を6発装填できるリボルバーという事だけあって大きさが際立っているモデルだと思います。
クラウンのリボルバーは、カートにBB弾を保持する構造なので、どうしても実射性能に影響が出やすいエアガンかもしれないです。。

修理の件ですが、製造上の不具合の場合は恐らく台湾のUHCに修理や交換などを依頼すると思います。それ以外の使用中の破損などの修理や交換というのはパーツがあれば直せるはずなので国内にあるクラウンにて対応してくれると思いますよ。
まるきち
2016/12/26 21:53
こんばんはまる吉さん、お久しぶりです。
シルバーバレルのサムライエッジは「主人公個人の相棒」という色が濃いように思うのですが、黒バレルのほうが部隊の制式らしく見えますね。いっそグリップの木製風の部分も黒にしたほうが特殊部隊という見た目になるのでは、と思ったのですが…それではただの92Fですね(笑)

 バイオハザード7のチラシ見ましたがなかなか怖そうですね、ただのアクションゲームではない「ホラー」への原点回帰となるのでしょうか^^
 しかし副題が「Resident Evil」って、これって「バイオハザード」の海外向けの名前じゃないのか、ダブってるのでは!?と思ったのですが…Wikiepdiaを見てみると、ちょっとクスッと笑える事態になってるようです。
フィンブル
2016/12/31 00:02
フィンブルさん こんばんは
そしてお久しぶりです!

黒バレルにすると個性的な部分が薄くなり、飾り気のないデザインが警察の特殊部隊モデルのように見えるのかもしれないです。
実はグリップも交換したバージョンも組んでみましたが、フィンブルさんの云われる通り、ほぼ普通の92Fになってしまいました^^;

新作バイオハザード7も楽しみです。PVなどを見る限りだと雰囲気がガラリと変わった印象を持っています。
副題のResident Evilも意外でしたが、海外向けソフトの副題もこれまた意外なものでしたよね^^ 
ゲームの発売が待ち遠しいです。
まるきち
2016/12/31 16:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Sand Colorがあるのなら・・・ まる吉のトイガン駐屯地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる