まる吉のトイガン駐屯地

アクセスカウンタ

zoom RSS 19日11月

<<   作成日時 : 2016/11/19 21:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 17

画像
今日は11月19日。 少々、無理やりですが1911月で1911
ということでガバメントの写真でも
写っているのは東京マルイのセンチメーター・マスター (エアコキ)です。

ガバもやっぱり良いですねぇ!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、以前p99のバックストラップについてコメさせていただいたものです。
KSCのUSPcの記事で実銃用ホルスターに入れたら傷が、と拝見しました。それってAKERですか?USPcだし多分そうかなぁと。
私が買ったAKERのパドルはホルスター内部がザラザラで、一見してこれは塗装品入れたら即死だなと分かるレベルでした。触って見ると紙やすりの番手でいう250番ぐらいでした。他のサイトでも実銃用なので傷がつくとAKERのみに注釈がつくのを見たことがあります。
まるおきさんはホルスターを色々持っておられるようですが、他メーカーの仕上げもこんな感じなのでしょうか?それともAKERがイマイチなのかな(^^;
大阪市民
2016/11/25 08:39
まる吉さんの事、まるおきさんて書いてますね、私の周りにHNまるおきさんを見かけたはずなのですが、モバゲー仲間だったかな?とにかく失礼しました(^^;
ついでなのでホルスター内部について…布状の紙やすりで磨いてオイルを塗り込むことにより滑らかなスエード調になりました(^^)
大阪市民
2016/11/25 09:07
大阪市民さん こんにちは

USPコンパクトというとドラマ『24』に登場していたということもあって、AKERのホルスターとUSPの組み合わせが人気ですよね。
『24』の影響でKSCのUSPを買った当方としては、AKERのホルスターも欲しかったのですが手に入らず、代わりにフォーブスというメーカーのホルスターを使用していました。しかし、使っていたフォーブスのホルスターはポリマー製だった為、使用している内にUSPのスライドに傷をつけてしまいました^^;
それ以降は、サファリランドのホルスターを使っています。サファリランドのカスタム・フィット・ホルスターの内側はスエード仕上げになっているので傷がつき難くなっていて、更に汎用性もそこそこあるので愛用しています♪
まるきち
2016/11/27 21:06
こんばんは。
多少の強引さも感じられますが、うまく日付と機種名を掛け合わせましたね。

先日、イオンにてマルイ『電動ブローバック』フルオートシリーズのH&K P30を購入しました。
H&K社の新鋭オートマチックで、ムダのない造形と扱いやすさから、最近は警察組織による導入が進められています。
電動ブローバックシリーズは、以前もお話しましたように小学生時代(20年ほど前)の『コロコロコミック』の広告で目に止まって以来、いつかは手にいれたいと憧れを持っていたのですが、同時期の『爆外伝』シリーズのビーダアーマー収集・製作に夢中になってしまい、結局"憧れ"のままになっていました。

少し前M92Fエアーコッキングを購入しましたが、短時間の連射が難しく、スライドを立て続けに引くため疲れるばかりか、コッキング中まれに勢い余って指が引っかかる、連射時の撃ち姿が常にスライド後端部をつかむ格好になり見映えが悪くなるなど、クラウンパイソンを撃った身としては、あまりに差が大き過ぎると感じまして、今回の購入に至りました。
アルカリ乾電池4本が必要ですが、ガスシリーズと比較すればそれほどの手間にはなりません(そもそも同イオンではマルイ/クラウン問わず、ガスシリーズの取り扱いがありません)。

周囲にはM18CやP99 DAO、MAC11、セミオートシリーズのM92Fにデザートイーグルがひしめき、どれにするか迷いましたが、M92Fは現在手元にあるエアーコッキングと被ってしまいますし、ほかは個人的に悪人銃のイメージが先行(ドラマ/映画や現実を問わず。)するものばかりでしたので、数10分に及ぶ吟味の末、エアーコッキングと被らず、主に警察での採用が進められポジティブイメージの強いP30を選びました。
(↓次へ続きます。)
パイソン007
2016/11/29 22:18
電動ブローバックシリーズは、セミオート/フルオート問わず電池によって動作不良が発生するトラブル(+端子の長さの違いによります)が問題とされますが、別のスーパーで別途購入していた富士通アルカリ電池を使用したところ、正常に動作しました。

まだBB弾装填には至っていませんが、トリガーに連動して、ガチャッ!ガチャッ!とスライドが高速で可動するアクションは、クラウンパイソンのシリンダー回転+カートリッジ排莢に近いロマンを感じました。
スライド可動時に特有のモーター音がしますが、あまり気になるほどのものではありません。
さらに状況に応じ、セミオート/フルオートをスイッチ操作で切り換えられる機能を備えており、これも購入の決め手となりました。
候補であったM92Fを諦めたのはこれと、動画で見たスライド可動速度の遅さによります。

当面、手持ちのエアガンはクラウンパイソンと、このP30の2丁体制となりそうです。
共に台湾製なのが、なにか縁のようなものを感じますが・・・(笑)。

ちなみにH&Kといえば、こちらも舘さんが『西部警察スペシャル』でタイトルにありますM1911とともに、G36Cを使用していました。
ドイツ軍軍用銃として採用されているG36の小型版で、主に特殊部隊やSWATが使用しますが、これは舘さんの鳩村刑事が2代目団長というだけではなく、元SWAT隊員という設定(原作となるPART1の赴任時に明かされます)を活かしたもののようです。
採石場に立てこもるテロリストたちを、連射で次々となぎ倒すシーン、その後に残骸と化したパトカーの間を縫って、ほかの刑事たちと走ってアジトに接近するシーンは印象的でした。
パイソン007
2016/11/30 00:01
追記、最初のコメントの“M18C”は“G18C”の誤りで、訂正いたします。
申しわけありませんでした。
パイソン007
2016/11/30 00:19
まるきちさん、こんばんは。
貴重な情報ありがとうございます、サファリランドのカスタムフィットですか、もう一つ買うなら何がいいかとサイト巡りしてたら1番気になったものがそれでした。汎用性あるのがいいですね、内張りの件は知らなかったのでさらに良しです、試しに買ってみようかと思います(^^)
その後のAKERですがさらにオイル塗布と数日挿しっぱなし&テンションネジ最小、ネジと皮の間にワッシャを噛ませてようやくマシになりました。
でもトイガンはリコイルスプリングのテンションが弱いので、挿す時はスライド後部を親指で抑えておかないと入らないですね。1万数千円出してペーパー掛けとオイル塗布までやらなくてはならない事を考慮すると、新品ガスブロ買ったほうが断然いいと思います(^^;
大阪市民
2016/11/30 10:08
パイソン007さん こんばんは

電動ブローバックのP30を購入されんたんですね。
P30のトイガンは現在、東京マルイが国内メーカー唯一のモデルアップとなっているので貴重な存在だと思います。
他にも人気のM92Fはもちろんフルオートも楽しめるG18CやM11など種類が充実しているのも魅力的ですよね。
手軽にブローバックを体感できて、尚且つエアコキでは難しい連射ができる点も電動ブローバックモデルの楽しさです。
ただ、パイソン007さんが云われるように電動ということでエアーコッキングモデルと比べると当方の経験上でもトラブルも多いと思います。特に電池端子の長さの違いにより作動しない・作動が安定しないことがあってマルイのホームページでも注意を促していますよね。

エアーコッキングのM92Fは、特徴的なデザインのスライドをコッキングをした時にスライドとチャンバー部分が大きく開き指を挟みやすいのが欠点かもしれないですね^^;

『西部警察スペシャル』にG36Cが登場しているんですね。日本のドラマ作品でG36が登場するのは珍しい気がします。。
コンパクトモデルながらも拡張性が高くて人気でトイガンも電動ガン・ガスガンにて販売されていますよね。
まるきち
2016/12/03 23:54
大阪市民さん こんばんは

サファリランドのカスタム・フィット・ホルスターはオススメです。シンプルなデザインで、全てはないのですが形の近いモデルだと1つのホルスターを共有して使えるのも嬉しいですね。

流石に実銃用ホルスターなのでトイガンをそのまま使おうとするとトラブルが起きてしまうこともあるのがネックかもしれないです。。。
まるきち
2016/12/04 00:11
ありがとうございます。

P30ですが、購入後数日トラブルなどは起きておりません。
セミオート/フルオートを問わず、ブローバック中にセーフティーから指が離れるとスライドが完全に戻らず、引っかかってしまう(再度セーフティー&トリガーを軽く引くことで修正可能)ことがまれにある以外は、良好な動作です。

調べましたところ、現在の電動ブローバックシリーズでもっとも評判がよいのがこのP30で、次が50AE(デザートイーグル)、さらにM92Fの3つ巴というところらしいです。
P30は持ちやすさ・照準精度・連射性能に優れているそうで、実際自分もそう感じました。
気になっているのが50AEでして、実銃がイスラエル製という異色の生い立ちに加え、"ロマン砲"の異名を持っているのですが、機会があれば購入しようと思います。
パイソン007
2016/12/05 20:39
上記のように書いた矢先ですが、本日帰宅時に購入しました(苦笑)。

まだ箱のふたを開けただけ(空撃ちなどもしていません。)に過ぎませんが、モデルガン、なおかつより徹底的にリアリティを重視したガスシリーズに及ばないとはいえ、明らかにM92Fとはくらべものにもならないビッグスケールです。
"デザートイーグル(砂漠の鷲)"、ひいては"イスラエルの巨砲"の壮大なる愛称の意味が、実銃では発砲時に手がぶれ、女性/子どもに至っては肩を脱臼するとも言われるほどの、強大なパワーを誇るこの銃を撃つ前から伝わってきました。

ビッグスケールに強大なパワーといえば、マルイでは現時点まだエアーコッキングのみのオートマグVも挙げられます。
店舗ではワルサーP38とセンチメーターマスターに挟まれる格好で、エアーコッキングコーナーに陳列されていました。
防弾チョッキをも撃ち抜く"ボディーアーマーキラー"の愛称がありますが、こちらの電動ブローバックは果たしていつ発表があり、発売されるものでしょうか。
パイソン007
2016/12/06 21:46
昨日の書き込み後、空撃ちをしてみました。

別に動画で確認したガスシリーズとくらべると、スライド往復幅にかなり差があるのですが、銃口周辺まで全体が丸ごとブローバックするM92FやP30に対して、L字型に噛み合った銃口より後方がブローバックする姿は独特の魅力があります。
さらに、ガシャッ!ガシャッ!の音はもちろんですが、若干反動が鋭く、そのくせ日本製とあって台湾製のP30にあった独特のモーター回転音がほとんど聞こえず、ここは日本製主流のマルイの技術力を感じました。

片手で持ちにくいといわれる太いグリップも、特に支障らしい支障もなく持てました。
パイソン007
2016/12/07 21:04
パイソン007さん//

電動ブローバックモデルの場合、作動させている最中にセフティを放すと止まってしまうのはある意味では安全装置がちゃんと働いているというのが分かりますよね。ただ、電動ブローバックの取説によると故障の原因になると書かれているのであまり試したくないですね。。。

P30に続いてパイソン007さんは電動ブローバックのデザートイーグルも手に入れられたんですか。デザートイーグルはシリーズの中でも最大クラスのサイズで見た目はもちろんブローバックさせた時の迫力がありますよね。
当方も電動ブローバックのデザートイーグルを持っていますがお気に入りのモデルです☆
まるきち
2016/12/10 22:54
まるきちさん、こんにちは。
カスタムフィットホルスター購入しました、これは良いですねぇ!コンパクトサイズにしたのですが普通のガバも入るしとても便利です。1インチほど先が出ますが、そういうタイプもイイなと思ってた私にとっては一石二鳥です。
色々挿してみましたがほぼ何でも入りますね。226R、90-twoとかレールが大きいもの、PPK、G42、380オートなど極端に小さいもの以外はほぼいけます。
意外に使えるのはHSC、サムライエッジ(レール無し)、COP357あたりですかね、ほんとに良いホルスターを教えてもらいました(^^)内側も傷がつきにくくて良いですね。ローラー部品は今のとこ実用性を感じないのでパーツ全体にフェルト貼りしてここも傷防止策を取りました。
大阪市民
2016/12/13 11:05
大型ハンドガンは挿せるけどテンション最小、隙間も大きくなるのでサバゲには向きませんが、空き地にホップ調整でキャリーするぐらいなら便利ですね。
AKERの件、まだまだきついので中のゴム部品を自作大型化しました。ここでようやく気づいたのですが、USPのデトスラはノーマルよりやや厚いです。今のAKERにはノーマルUSPはピッタリです。ただ、どちらが実銃に近いのかはわかりませんが…
試しにVP9を挿したら同じH&Kのデザイン系譜の為かピッタリでした、樹脂系はさておき、レザー系ならAKERでなくともUSP用がVP9にも使える事が濃厚だと思われます(^^)
大阪市民
2016/12/13 11:17
3連投すみません(><)AKERで1番気になった事が1つ。
カスタムフィット同様、パドルを止めるためのネジが2つあるのですが、ネジを受ける部品(ネジのタップが掘られている側です)が大きくて、ホルスター内側の皮が二箇所こんもりと膨らんでいます。挿入がきついのはこれが大きな原因の一つです。
カスタムフィットは内側に膨らみが全くなくスムーズで、このあたりメーカーの考証力が大きく違うと感じました。あと、パドルですがサファリは弾力性があり、AKERは固く弾力性はかなり少ないです。これは好みがあるので難しいところですが、長時間キャリーする警官にはサファリランドが好まれるかもしれませんね。
結論として、サファリランドは価格、品質、使いやすさでとてもよいメーカーだと思います(^^)
大阪市民
2016/12/13 11:32
大阪市民さん こんにちは

カスタムフィットホルスターを購入されたんですね。
汎用性があって当方が意外だったのはCOP357のようなガンも使えるということです。
カスタムフィットホルスターはロック機構はないので激しく動き回るサバゲ向きではないかもしれませんが、それ以外の用途であれば有能なホルスターだと思います。

USP好きな当方にとって最近、発売されたVP9は気になりますね。大阪市民さんの云われるようにUSPが使用できるレザーホルスターであればVP9も使えると分かれば興味がより沸いてきました。

ホルスターでもSafarilandやAKERなどといったメーカーのコンセプトによって変わるようですね。大阪市民さんのように自分で調整やパーツの自作ができると良いのですが、当方にように弄れない時はサファリランドのホルスターが使いやすいですね♪
まるきち
2016/12/15 23:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
19日11月 まる吉のトイガン駐屯地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる