まる吉のトイガン駐屯地

アクセスカウンタ

zoom RSS マルゼン: M870 エクステンションカスタム (ガスガン)

<<   作成日時 : 2015/07/20 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
マルゼン製ガスカートショットガン『M870 エクステンションカスタム』の紹介をします。
このM870は2013年、赤フロの初売りにて手に入れた物です。その後、あれやらこれやらあって記事にするのを忘れてしまいました^^;すいません。遅ればせながら紹介したいと思います。

今回、ピックアップしたのはM870 エクステンションカスタムのブラックバージョンです。
パッケージはシンプルにを基本色にしたボール箱にシールが貼られています。
中には前後に分割式発泡スチロールの保護材に収められたM870本体、シェルカート3本、リリース棒、BB弾50発と取説類が入っています。
画像
取説と一緒にエクステンションカスタム用の補足書がありました。
補足書によるとブラックバージョンの他にもストックとフォアエンドに天然木を使用したウッドストックバージョンがあります。
画像
通常のM870との違いは、延長(エクステンション)されたアウターバレルとマガジンチューブ、更にそれらを束ねるバレルバンドが追加されているのがエクステンションカスタムの特徴。
逆に言えばエクステンションマガジンチューブによって装弾数が増えたこと以外、操作方法などは同じということですね。
その為、既に通常バージョンを持っているユーザー向けにエクステンションキットというパーツがマルゼン純正で発売されており、このキットを装着すればエクステンションカスタムと同仕様にできるものがありました。
画像
アウターバレルとマガジンチューブが約12cm延長され、より迫力の増した印象になりましたね。
フォアエンドはストックと同じグラスファイバーを採用し強く握っても軋みなどはありません。ポンプ(スライド)動作も軽く行え「ガシャン」という操作音も気持ち良いものです♪
画像
マガジンチューブは延長された部分も含め金属製となり触れるとヒンヤリ冷たいです。このマガジンチューブ内にショットシェルを7発装填することが可能となります。
アウターバレルはABS製で銃口から約12cmほど別パーツで延長されています。ちょうど繋ぎ目部分にバレルバンドが装着されることで繋ぎ目が露出しないようになっているようです。
画像
本体をひっくり返すとレシーバー裏にローディングゲートがあります。このゲートからシェルカートを「シャコン、シャコン」と込めていきます。マガジンチューブが延長されたことにより通常のモデルに比べて容量が3発分増えています。
画像
シェルカートはM870とM1100共通品を使用します。先端よりBB弾をプチプチと詰めることで単発から散弾へと対応する事も可能です。シェルに込められるBB弾は最大10発とされていますが、10発も入れると全く飛びません。散弾と飛距離どちらも楽しみたいという方は3発ぐらいに抑えた方が良いです。また、散弾の数を増やす場合は推奨されている0.2gBB弾よりも軽い0.12gBB弾を入れた方が少しは飛ぶようです。

また、本体に付属するシェルは3発だけと寂しく、ライブシェル・アクションを存分楽しむのであれば1500円(税別)で売られているスペア・シェル(5本セット)も一緒に揃えておきたいですね。
画像
ストックパッドはラバー素材で滑り難くなっています。そのパッドサイド(上画像の赤円で示した辺り)を押し込むとロックが解除されパッド部分が取り外せるようになっています。パット裏にはガスタンクが装着されおり、ここにガスを注入します。タンク内にガスが残った状態で本体からタンクを取り外すと一気にガスが抜けてしまう構造となっています。
最初は戸惑いましたが、ガスブロのように頻繁にタンク(マガジン)を抜き差しすることは無いと思うので大丈夫なんでしょうね。
画像
オーソドックスな固定タイプのストックはグラスファイバー製。全長は1mを超え!
レシーバー右側面に設けられたシルバーのエジェクションポートカバー。フォアエンドをポンプするとエジェクションポートのカバーが開きシェルがマガジンチューブから装填される動作を覗けます。フォアエンドを戻しきってからトリガーを引くと発射、再びフォアエンドを引くとシェルがエジェクションポートから排莢、フォアエンドを戻す際にマガジンチューブ内のシェル装填というのが一連の動作です。これがポンプアクションの醍醐味です(^^)
画像
マルゼンのM870は本物のような一連のポンプアクションをライブシェルで楽しむ事ができるトイガンです。ガスが無くても気軽にリアルなライブシェルアクションを体験できて(ガスが無いと発射は出来ませんが)、ショットシェル込めからポンプアクションをしての装填と排莢は醍醐味です(^^)
気軽にポンプアクションやライブシェルを楽しみたい方にオススメできるモデルですよ☆

最後にマルゼンM870(通常モデル)の動画を貼っておきますね。


全長:約1045mm 重量:約2700g 定価:25800円


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、お久しぶりです。前々からコメント書こうと思い、そのたび忘れてました。

レミントンはバレルと弾倉が同じ長さなのが強そうで格好いいですよね、通常型とは顔が違うように見えると言えましょうか。
カスタム好きなまる吉さんですから、そのうちレシーバー左側にシェルキーパーが付いたりするのでは?^^
フィンブル
2015/07/22 23:06
フィンブルさん お久しぶりです!

コメントありがとうございます。
やはりショットガンといえば私は最初に、このM870を思い浮かべます。
特にEXカスタムだと屈強な見た目だと思います。そういえば『コマンドー』にてメイトリックスがM870を使用していたことも印象深いです^^

折角ですのでシェルキーパー/ホルダーもいずれ装着したいと思います♪
まるきち
2015/07/25 15:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マルゼン: M870 エクステンションカスタム (ガスガン) まる吉のトイガン駐屯地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる