まる吉のトイガン駐屯地

アクセスカウンタ

zoom RSS S2S:タクティカル・バイポッド

<<   作成日時 : 2015/02/22 21:21   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
S2Sのバイポッドを買ってみたので紹介します。
今回、私が手に入れたバイポッドはS2Sが販売している『タクティカル・バイポッド』という商品。元々はS2SのエアーボルトアクションライフルTSRに付属しているバイポッドと同じものとなるそうです。

このバイポッドを店頭で手にした時に驚いたのは、その重量で想像よりも軽量だったことですね。バイポッドといっても色々な種類がありますが、私のイメージだと金属パーツの塊で重たい。というものでした。
しかし、このS2Sのバイポッドは素材にアルミ(一部、スチール)を使用することで金属製ながらも約280gという重量を実現しています。
画像
全体のデザインをみるとハリスタイプを参考にしているようで取り付け部分は、20mmレイルに対応しています。
脚の先端にはプラスチック製の丸型キャップが付いているので家の床などを傷つける可能性も低そうです(笑)
また、バイポットのベース左右に短い20mmレイルマウントを装備しているのが特徴的ですね。
画像
この左右にあるマウントレイル部分にフラッシュライト、スイベルなどを装着することができますが、あまり使う機会は無さそうです(^^;)
画像
左右のマウントレイルが不必要だという場合は、取り外すことも可能です。
その場合、マウントレイル裏側から止めているネジ2本をプラスドライバーを使って外してやればマウントレイルをバイポットベースから取り外せます。
マウントレイルをバイポットベースより外せば軽量化にも貢献してくれます。
画像
トイガンに、このバイポッドを装着する為には、20mmレイルアダプターをレイルハンドガード、もしくはマウントレイルの取り付けたい位置のレイルピッチに合わせて、アダプターの固定ネジをプラスドライバーにて締めて固定します。

今回、私はVFCのHK416に装着してみました。
画像
バイポッドの脚はスプリングにより1本ずつ展開させることができるタイプで、前後左右へのスイング機能は無いので安定した状態でスタンドさせることが可能となっています。
画像
脚の高さ調節は、左右の脚についているロックボタン(画像の赤矢印)を押すとスプリングのテンションによってパッと瞬時に脚が飛び出し最長位置まで伸びる仕組みとなっています。
画像
最長で約70mmまで延長させることが可能で、約15mmずつ5段階の高さ調整が左右の脚でできます。
反対に脚を収納させる時は、ロックボタンを押しながら脚をベース方向に押し込めば収納できます。最小のまで収納させる場合、スプリングのテンションが掛かっているので少し固くなりますがグッと押し込むと脚のロックが掛かります。
画像
最長まで脚を伸ばすと約220mmの高さになります。

金属製でありながらも280gと軽量で、高さも5段階に調節可能。更に左右に装備するマウントレイルによって拡張性も備えたバイポッドだと思います。定価も4千円とお手頃でレイルハンドガードやマウントレイル付のトイガンであれば気軽に装着できるのも良いですね♪


定価:4000円(税別)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
S2S:タクティカル・バイポッド まる吉のトイガン駐屯地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる