まる吉のトイガン駐屯地

アクセスカウンタ

zoom RSS マルゼンP99のバックストラップを交換

<<   作成日時 : 2014/09/15 13:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
近頃のポリマーオートだとグリップ後部の大きさを調整できるのは当たり前となっていますが、そのパイオニア的存在 ワルサー“P99” のバックストラップを手に入れましたのでご紹介したいと思います。


画像
画像
今回、手に入れたのはマルゼンより販売されているP99用バックストラップセットです。
SサイズとLサイズのバックストラップが1個ずつ入ったセットで税別2800円也。
何が凄いってこのS/Lサイズのバックストラップはワルサー純正品ということ。
本物のP99用パーツをそのままガスガンに使えるというのは、それだけマルゼンのP99の再現性が高いということですよね(^^)

画像
バックストラップの交換は簡単で、グリップ後部にある固定ピンをピンポンチなどでフレームより引き抜けばバックストラップが外れます。
画像
折角なので3種類のバックストラップを並べてみました。
画像の左側からSサイズ、Mサイズ、Lサイズです。見た目の感じは元々、付いていたMサイズと同じですが、触れてみると質感がMサイズのバックストラップだとサラッとしているのに比べて、S/Lサイズのバックストラップの方が若干、ヌルッとしているような触り心地がします。
画像
まずはSサイズのバックストラップを取り付けてみました。装着する為に加工などの必要もなく、そのままポンと装着することが出来ました。
Mサイズに比べてグリップ後部のSラインが目立つようになり、握ってみると親指と人差し指の膨らみが抑えられていてトリガーまでの距離が近くなったのを実感できます。
画像
Lサイズバックストラップに交換してみると、グリップのSラインのカーブが緩やかになり見た目の印象も変わりましたね。
膨らみも大きくなり「バックストラップ1つでココまで変わるものなのか!」とグリップを握ってみると分かります。バックストラップの効果恐るべしです。
画像
バックストラップを交換してみて1つ気になった点があります。
それはS/Lサイズのバックストラップを装着するとグリップ底にフレームとバックストラップとの間に2mmほどの段差が生まれてしまう事です。普通に使用する分には問題ないことなんですが、やはりジーと見ていると気になりますね。
この段差はMサイズバックストラップではなかったので、実物P99とマルゼンP99の誤差か何かなんでしょうか、、、。
画像
以前に取付けたアンダーマウントレイルアダプターとLサイズバックストラップの組み合わせによってごついP99が出来上がりました。
バックストラップによって握り心地だけではなく見た目も変化するのは面白いですよね。
何よりトイガン専用に設計されたものではなく実物用をそのまま使用することが可能な事が凄くて素敵なアクセサリーパーツだと思いました♪


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ストラップの段差は実銃とおりです。ストラップ実物S&LとMの感触の違いは...最初期ロットはMサイズも実物なので段差があった→ユーザーから段差があって気になるとの指摘を受け、輸入した在庫が無くなったのを機会にマルゼンが自社品制作した...確かこんな経緯だったと思います。つまり現行付属Mサイズは感触と段差が無いのでリアルさにはやや欠ける事になります。細かい事ですがw私の想像では段差があるのは交換時にピンを外した後、指で引っかけて取り出しやすいようにかなと思います。
大阪市民
2014/09/18 15:08
コメついでに他の記事も拝見、マルシンのシークレットエージェントのレビューがあるのは珍しいですね。たまに見かけるレビューでもあのサイレンサーは評判悪いですが、ちゃんと作ってやるとマルイMK23純正やKSCMK23純正に迫る消音性ですよ。体積で劣るので互角とは言いませんが取り回しには圧倒的優位があるので遊べる一品です。マルシンさんの名誉の為に書かせていただきましたw
大阪市民
2014/09/18 15:21
大阪市民さん//

初期マルゼンP99のバックストラップにも段差はあったんですか。
やはり私の以外にも段差について気になる方達がいらしたようですね。
頻繁にバックストラップを交換する訳ではありませんけど、段差があった方が引っかけやすくて交換しやすいですよね。そういわれると段差があることにも納得です(^^)

マルシンのコルト25オートのサイレンサーはポテンシャルが高く弄ってやると化けそうで面白そうです。どうせなら25オート以外の他モデルの再販をして欲しいですよね。
まるきち
2014/09/19 21:51
エランガバのスライド先端の窒化処理再現について、色ムラではないかとクレームが多かったので現行品はやめた、という話を思い出しました。せっかくリアルにしたのに何だか皮肉なものですw

シークレットエージェントはM1910とPPKを所持してます。特にPPKは弾の出るSでは無いPPKなので貴重ですね。もう金型を処分したとの噂もありますが...バレルに加工してKSCの新ホップを付けたら素晴らしい弾道になるだけに、噂が本当なら残念です(T_T)
大阪市民
2014/09/20 10:42
大阪市民さん//

折角、本物に近づけようと再現したのにそれが裏目に出てしまったのは何とも残念ですよね。。

大阪市民はマルシンのシークレットエージェントのM1910とPPKをお持ちなんですか。
自分もPPKが欲しかったのですが、買いそびれてしまいそれっきりです^^;
まるきち
2014/09/21 16:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マルゼンP99のバックストラップを交換 まる吉のトイガン駐屯地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる