まる吉のトイガン駐屯地

アクセスカウンタ

zoom RSS クラウン: G29C サイレンサーVer (エアコキ)

<<   作成日時 : 2014/08/09 14:04   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

先週、赤風呂にて購入してきたクラウンモデルのエアコッキングガン“グロック29C”の紹介です。
クラウンモデルのトイガンというと、エアーリボルバーやエアーライフルを思い浮かべますよね。しかし、今回新たにオートハンドガンタイプのエアコキが加わりました!
画像
こちらが新たに登場したグロック29C(サイレンサー)のパッケージです。
長細い長方形をしたデザインが印象的なパッケージは中身が覗けるようになっていますね。
10歳以上用のモデルとなっているので、パッケージ窓の所に適合弾速シールが貼られています。

パッケージ内容はG29C本体(サイレンサー付)、マズルキャップ、少量のBB弾、取説類となっています。
画像
パッケージから取り出すとG29Cに最初からサイレンサーが装着されています。今回、私はサイレンサー付きのモデルを選びましたが、サイレンサーが付いていないG29Cも発売されているので、好みや予算によって選べるのが良いと思います。
画像
サイレンサーはG29Cから取り外すことも可能です。ねじ切り加工がされていて、サイレンサーをG29Cのマズルに合わせて時計回りに回転させると装着でき、反時計回りに取り外しができます。

サイレンサー自体はプラスチック製なので全長約125mmながらも非常に軽量です。
消音材などはなく本体に付けても、音に大きな変化はありません。しかしながら雰囲気を楽しむにはうってつけなパーツですよね。
画像
さて、G29C本体は、人気のグロックシリーズ中でも小型なサブコンパクトモデルで10mm Auto弾を使用するマニアックなG29をモチーフとしています。
実際にG29Cを手にしてみるとサイズが小型な事に驚くと思います。

刻印はトイガン独自にアレンジしつつも、グロック独特の風貌のまま。スライドとフレームはABSプラスチック一体成型パーツで耐久性も問題なさそうです。

スライドにある刻印には「29 Gen2」というありますが、フレームグリップの滑り止めはGen4(第4世代)モデルの特徴でもあるドットパターンの滑り止め加工となっているのが面白いですね。

トリガー上部にある本来、分解用レバーはセフティレバーとなっていて、このレバーを下げるとトリガーがロックされ引けなくなります。
画像
G29Cを最初、手にした時にサイズのコンパクト具合に驚きましたが、トイスターG26と比較してみたら驚きの事実が!
本物のG29は、全長が172mmとG26よりも1回り大きくなっているはずですが、クラウンのG29Cの場合は全長が約140mmとG26よりも2回りほど小さくなったサイズになっています(^^;)

また、モデル名の後ろについている“C”は反動軽減用のコンペンセイター内蔵モデルを意味しているのですが、G29Cにはコンペンセイターの再現は無くて、もしかするとコンパクトという意味のG29Cなのかも知れません...
画像
本物のG29にも装備されているアンダーマウントレイルの再現がされています。G29Cだとスケールダウンされてしまっているので、付けられそうなオプションパーツはかなり限られてしまいます。。
フレーム右側の分解用レバー(セフティ)部分はモールドで動きません。また、トイガン独自のセフティを搭載しているのでトリガーセフティ機能も省略されているようですね。そのフレーム後部にはクラウンモデルと韓国製を示す刻印が入っています。

一見すると独立していそうなエジェクションポートはスライドと一体形でコックしても開くことはありません。
画像
サイトはドットの窪みがあり、そのままでも狙いはつけられるますが、自身で塗料などを流し込んでドットを再現してみるのも面白いかもしれませんね。
画像

画像
マガジンの装弾数は約7発(入れ方によっては8発)。また、リザーブタンク(収納数は60発ぐらい)も装備しているのでマガジン下部にあるレバーを左右より下げてロックを解除しマガジン底のカバーをスライドさせBB弾をジャラジャラと流し入れます。そして、マガジン前面にあるフォアロー下げマガジンを振ると、リザーブタンクスペースからBB弾を装填できる仕組みになっています。
画像
初速も0.12gBB弾の5発平均で34m/sと気軽に部屋にてシューティングできるパワーです。屋外で使たことはありませんが、ホップアップシステムを搭載しているとのことで20m位の飛距離は出ると予想しています。
クラウン G29C
折角なので、付けられそうなウエポンライトを試してみたら、ストリームライトのTLR-3とサイレンサーを装着してタクティコーなG29Cに仕上げてみました。
流石にTLR-3のキーロックは使えず写真だとロックが掛かっていない状態ですけど、ドレスアップという遊び方ができるのも良いですよね(^^)

クラウンモデルから発売された久々の10禁エアハンドガンの新作ですが、ポケットサイズながらも色々な楽しみ方ができると思います。また、サイレンサーモデルは手軽に取り付け/取り外しが可能でその時の気分で雰囲気を楽しめることは素敵ですね。


定価:1600円(税別) 全長:265(サイレンサー込)/140mm 重量:125(サイレンサー込)/100g

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、チキンブリトーです。

いつの間にか発売されていましたね、クラウンのG29C。
他のエアーハンドガンも早く出して欲しいですね


フルサイズかと思っていましたが、G26よりも2回り小さくなっているとは・・・
ですがG29というモデルアップ自体珍しかったり、グリップのチェッカリングがGEN4だったりと他の既に沢山出ているグロックシリーズと差別化が出来ていて新鮮味がりますね!

サプレッサー付き、無しの2種類があって値段もお手ごろなので、気軽に買えるのも良いですね〜
チキンブリトー
2014/08/09 21:12
チキンブリトーさん こんばんは

店頭でG29Cを発見した時は、もう発売していたことが意外でしたね。
他に予定されているハンドガンシリーズの発売も楽しみです(^^)

リアルなサイズを期待していたので、実物を手にしてみると心残りもありますが
これまでにはないモデルアップといこと、お手頃な価格設定になっているのは素敵ですよね。
まるきち
2014/08/12 22:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クラウン: G29C サイレンサーVer (エアコキ) まる吉のトイガン駐屯地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる