まる吉のトイガン駐屯地

アクセスカウンタ

zoom RSS 月刊「VSR用木ストを塗る」

<<   作成日時 : 2014/02/23 15:29   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
これまで何度か塗り重ねてきたVSR用のストックですが、オイルも少しずつ浸透してストックのツヤも若干出てきました♪ 参考にしている木製品の塗装を紹介しているWebサイトだと、この状態から更に時間を掛けてツヤを磨き出す工程があるそうですが、光沢があり過ぎるのも好みではないので私の場合はその作業を端折ってVSRに組んでみました。
画像
ストックほか、付属のトリガーガードやスリングスイベルも取り付けました。その時にマガジンを差そう試してみるとマガジンハウジングがきつくマガジンキャッチの掛かりも悪かったので紙ヤスリでマガジンとすれる部分を軽く調整してやると、マガジン挿入もし易くなりました。実射もできたので問題ないですね。

プラスチックストックとは違って手に持つと温もりが残り、寒い時期などは特に木ストの良さが分かります(^^) また、構えた時に僅かにオイルの香りがするのも純正ストックでは味わえないものですね!
画像
光の当たり方具合でも色合いが変化して、眺めるだけでも楽しめます。
最初から塗装がされているものも、そのまま取り付けられ簡単にでき良いと思いますが、じっくりと時間を掛けて自分の好みの色合いを再現してみるのも手間は掛かりり面倒ですが出来上がった時の満足感はそれ以上に感じられて良いですね(^^)/


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
こ、これは凄いですね!無可動実銃とか、猟銃の木ストがこんな質感だったような?
当方はどれも触った事ないので分かりませんが(汗

VSRの元々からあるシャキっとした外観と相まって凄くカッコイイです。
ガリレオレオ
URL
2014/02/23 16:30
こんにちは
なかなかいい仕上がりですね
あとは少しずつ触りつつ磨きつつ仕上げていくのも楽しみですね
軍用銃の場合はどぶ漬けにして新兵が訓練中に仕上げていき
高級猟銃は職人が時間をかけて仕上げていくわけですが
とにかく仕上げていく楽しみは何物に代えがたいですね
関係はないのですがマガジンキャッチのボタン付近が弱い作りのものが
あって私のはフジカンですが周辺にヒビが入りました(T_T)
補強とか入っていればいいんですがそうでなければご注意あれ
親切散人
2014/02/24 13:52
ガリレオレオさん こんにちは

ほとんど使い込んでいないので無可動実銃のような雰囲気でれば良いのですが・・・その前にVSR本体がもたないかもしれないです(^_^;)
実際の猟銃などでもワトコオイルを使ってこともあるそうなので、ほんのちょっぴり本物の質感に近づけられたのは嬉しいですね♪
まるきち
2014/02/24 19:24
親切散人さん こんにちは

これから使い続けていくことで変化していく(?)ストックも楽しみです。
塗料を自分で塗って仕上げた物なので愛着も深まり大事にしたいと思います。

マガジンキャッチボタン付近の構造ですが、ライラのストックも補強はされてなくてキャッチボタンとマガジン側が細く破損しやすいかもしれません(^_^;) マガジンを入れる・外す時は注意しながら扱いたいですね。。
まるきち
2014/02/24 19:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
月刊「VSR用木ストを塗る」 まる吉のトイガン駐屯地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる