まる吉のトイガン駐屯地

アクセスカウンタ

zoom RSS クラウンモデル: TSG-1 (エアコキ)

<<   作成日時 : 2013/10/20 14:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

TSG-1画像
クラウンモデルが発売するエアーコッキング式ショットガンTSG-1の紹介です。
ティーンズ(10歳以上用)のショットガン達というとクラウンのスーパーSS2、KHCのショットガンシリーズ、S2Sのスーパー・ショットガン、マルゼンのLA870ユースなどそれぞれ特徴を持つものがありますが、なんといってもこのTSG-1は長物ながら定価2980円(税別)と低価格なエアーショットガンになっています。
画像
パッケージにはTSG-1本体、スコープ型サイト、BB弾、マズルキャップ(本体に装着)、取説類が収められており、ガスも電池も要らないエアコキですので買って直ぐに遊べるセット内容ですよね。

パッケージ仕切りの印刷に「Shot Gun Teens」と書かれていて、これが「TSG-1」という名前の由来だと思われます。この他にも「TSG-2」と同じTSG系統のタクティカルユーズを意識したようなレイルインターフェースを追加装備したモデルも発売されているのですが、そちらの紹介は、いずれ機会があったらこのブログでも取り上げたいですね。
画像
さて、TSG-1の元デザインは判りませんが、レミントンとかイサカのショットガンを混ぜたオーソドックスなデザインですね。ショートバレルとピストルグリップの組み合わせも良い感じ。さらにピストルグリップ側面に「CQB」のマーク、グリップ底にはクラウンと製造国(韓国製)の刻印入り。

レシーバー右側面にエジェクションポート(排出口)をモールドで再現。エジェクションポートの再現はありますがローディングゲート(装填口)の再現はなく、もしかするとイサカ方式みたいにエジェクションポートとローディングゲートを共通化しているという設定なのでしょうか(汗)
画像
マウントベースはレシーバーと別パーツの一体成型のプラスチック素材で取り外すことも可能です。。
のレイルは一般的な20mmタイプとなっており、各種のサイトなどを取り付けられます。
画像
TSG-1の基本構成パーツはプラスチック製となっていて非常に軽量。
レシーバーは左右張り合せのモナカ構造、バレル・マガジンチューブ、グリップは一体成型パーツになっているので思っていたほどギシギシ感はありませんでした。
パーツ表面は塗装もなくプラ地のまま、お好みでカスタム塗装とかしてみても面白そう。
画像
トリガー後方にはボタン式セフティが配置されています。このボタンを右側から押し込むとセフティオンでトリガーが引けなくなり、左側から押し込むとセフティオフでトリガーが引けるようになります。上の画像ではセフティオンの状態ですね。

トリガー上にあるマウントベース左サイドに「CQB CLOSE QUARTERS BATTLE」の刻印があります。とっても戦闘的!
画像
コッキングは可動するフォアグリップを前後にスライドさせるポンプアクション動作でコックします。元々、10歳以上用のモデルなのでコッキングも軽く、更にコックアシスト用のスプリングが内部にあるのでグリップを戻す動作が非常に楽になっています。

コッキングにて発射される弾は1発の単発発射。ショットガンですが散弾での発射は出来ません。TSGを使う場合は弾をバラまく戦法よりも、1発1発よく狙って当てに行く戦法が良いかもしれません(^_^;)
画像
マガジンチューブ先端のキャップを軽く反時計回りに回すとキャップが外れてTSGのBB弾給弾口が現れます。
画像
TSG-1はカートレスショットガンなので、そのままのBB弾をジャラジャラとマガジンチューブ先端から流し込んでいきます。
装弾数は15発。長物エアガンにしては15発ってのは少し物足りないかもしれませんね。
画像
付属するスコープ型サイトもプラスチック製。サイトの全長は150mm、軽量で34gと非常に軽量。取り付け・取り外しの際はプラスドライバーが必要となります。
スコープ型サイトなんですが、残念ながらズーム・調節機能は付いていませんのでご注意を。
画像
一応、サイトのプラ対物レンズ側には照準にも使えそうな(?)●レッドドットのペイントがありますよ☆
画像
いざ実射してみると0.12gだと飛距離が7mを過ぎた辺りから弾道が上昇()弾道を描きます。パッケージや取説に記載はありませんが、どうやらTSG-1にはホップアップシステムを搭載しているみたいですね。部屋撃ちなど近距離でのシューティングだったら0.12gBB弾で、10m以上の中〜遠距離を狙う場合は0.12gよりも重たいBB弾(0.15とか0.16g弾)を選ぶと良いかもしれません。
初速は0.12gBB弾で平均38m/s。今回の平均は10発撃った時のものなんですが、10発中1、2発ぐらいの割合で30m/sという低い値の初速が出たり逆に41m/sなど高い値が出たりと、あまり安定した初速ではありませんね。※いずれの初速でも規制値内のものです。
安定した初速が得られないと考えられる原因はインナーバレル。私が手に入れた個体のインナーバレルが、韓国製のエアガンでよく見られるプラスチック製で、更にバレルの成型不良か何かで内側に僅かに段差が見られました(驚)。恐らくコレが原因で安定した初速が出ない(場合によって弾道も安定しない)のだと思います。
画像
若干、射撃性能に不安が残るものの全体をみるとリーズナブルなエアコッキングショットガンで国内メーカーが販売している10歳以上用のショットガンタイプでは一番低価格なモデルです。
レシーバー上にはスコープ型サイトはそのままでも見た目カッコイイものですが、一般的な20mmマウントを装備しているのでお気に入りで使いやすいサイトを載せて楽しむ事も可能ですよ(^^)
何よりハンドガン並みの価格帯より手軽に本格的なポンプアクションが体感できるのは良いですね。
画像
TSG-1とS2Sのソードオフショットガンを比較した画像を追加しました。


定価:2980円(税別) 全長:約483o 重量:約483g(サイト込)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
始めまして!いつも参考にさせていただいております。

このTSG-1、お座敷シューターの方には良さそうですね。ショットガンとしてはかなり安いですし。スコープをライフルスコープに交換して大門ごっこみたいな遊び方も出来そうです。
2007
2013/10/23 00:26
2007さん はじめまして!
大門ごっこですか♪面白そうですね。
マウントも元々付いているのでスコープなどの取り付けも簡単です。
パワーも10禁のロパワーなので、お座敷でも十分楽しめますよね(^^)
まるきち
2013/10/23 12:15
初めましてまるきちの様。

いつも楽しく読ませて頂いております。

当製品で1つ質問があるのですが…。

クラウン製TSG1とSUS製スーパーショットガンソードオフとサイズ比較した場合のなのですが…。

TSG1は縮小モデル(ボーイズサイズ)なのでしょうか?

ネットで両製品自体の全長や重量は分かったのですが…。

両モデルを所有してのプレビューされてる方がまるきち様でしたので。

お手数じゃなければ、両製品の比較をしてもらえたらと…。

縮小モデルであるなら、全体としてのおおよその比較写真など更にプレビューして頂けたら嬉しいです。

初コメントにて厚かましい御願いをして申し訳ございません。
デネブ
2014/04/29 09:13
デネブさん 初めまして!

ご質問のTSG-1のサイズについてですが、確かにS2S製スーパーショットガンソードオフと比べると、TSG-1の方が一回りほどコンパクトになっていますね。
ただ、TSG-1およびスーパーショットガンソードオフのベースモデルが不明となっており、どちらが縮小(拡大)モデルと決めることが難しいという事も補足させ下さい(^_^;)

後程、こちらの記事に両モデルを比較した写真を追記したいと思います。ご参考にして下さい。
まるきち
2014/04/30 21:46
>まるきち様

御丁寧な回答と御対応に感謝致します。

確かにTSG1などはイサカやレミントンの複合型っぽいですから。

個人的には、このTSG1のイサカのピストルグリップが好みでして…。

SUSスーパーショットガンソードオフはコレクションにあるのですが。

レシーバーの取り付け部分が同じ様なサイズであるなら部品取りに購入しようか考えておりました。

KTWのイサカ流用ですとグリップ取り付け部分とレシーバーに差がある事が判明したので。

この度、TSG1のレシーバーサイズの比較が出来ないかと御願い致しました(汗)

出来ればレシーバー上部からの比較やグリップ部分の比較も可能でしたら助かります。

さすがにグリップの取り付け部分は加工覚悟で挑もうかと思ってますので(^^;)
デネブ
2014/04/30 22:02
デネブさん//

TSG-1のピストルグリップはS2Sのソードオフと比べてみるとシンプルなデザインになっていますよね。

デネブさんはS2Sソードオフのグリップ交換を計画されているとのことで、TSG-1のレシーバー幅をこちらで測ったところ約30mm(マウントベースパーツは含まず)でした。デネブさんは既にS2Sソードオフをお持ちということなのでS2Sソードオフの幅は測っていませんが、両モデルを比べるとS2Sレシーバーの方が厚みがありまね。
まるきち
2014/05/02 21:25
>まるきち様

早速の御回答ありがとうございます(^^)

百聞は一見に如かず…。

早速TSG1を購入しました(^^;)

殆んど誤差と呼べる様なレベルですし、小加工で済みそうです。

しかし、貧乏性なのか…(^^;)

グリップを失ったTSG1を何とか発射可能な状態にしようと新たな問題が発生です(泣)

TSG1のグリップ外すとトリガーガードが外れ、更にトリガーまで外れる仕様です(゜ロ゜)

しかし、そこでメゲては居られないので。

これまたジャンク部品の本家KTWイサカのソードオフグリップを加工して取り付け出来そうな感じなので。

GWは暇しなくて済みそうです(苦笑)

ただソードオフグリップにレールマウントは合わないのが…(^_^;)

TSG1のレール外すと純正グリップでもレシーバー幅や高さに段差があるので…。

レールマウント装着状態だとイサカソードオフグリップも差異なくピタリのサイズなんですよね。

トリガーガードもセーフティレス仕様で削りとパテ盛りコースです。

こういう格安製品に手を掛ける困った大人がいるとはメーカーさんの想定外でしょう…(^_^;)

さておき、長々としたコメントに御丁寧なレス感謝致します(^^)

またコメントと報告させてもらえたら嬉しいです。
デネブ
2014/05/03 18:18
デネブさん//

TSG-1を購入されたんですか。グリップは小加工で流用できると良いですね!
折角、手に入れられたTSG-1ですから、そのままにするのも勿体ないのでイサカのグリップが付いてリバイバルされることも期待しています(^^)

それにしてもTSG-1のグリップを外すとトリガーガード、トリガーまでもが外れてしまう構造になっていたんですか。コストパフォーマンスを追求した省約設計なのかもしれないです(^^;)

何はともあれ、TSG-1のグリップカスタムの成功を私も楽しみにしています(^^)/
まるきち
2014/05/05 13:34
>まるきち様

お陰様で見事にTSG1はソードオフグリップ装着完了しました(^^)

ソードオフグリップ側のネジ取り付け部を新設してレシーバー側は違和感無くピタリです。

問題のトリガーガード側もソードオフグリップ内にトリガーガードを抑え付けられる様に加工し、トリガーガードも整形し直しました(^_^;)

フィッティングも納得行くモノとなりましたよ(^-^)b

そこまでやるならと、内部も分解ついでに見てみようかと分解…。

分解自体は簡単なのですが、組み上げにはコツが要りました(^_^;)

バレルはプラ製にて、アウターバレルとのスペーサーを兼ねるパーツとの一体成型でしたので。

ジャンクのマルイ製長物アルミバレルを組もうとしたのですが…。

手間が掛かりそうなのと、インナーバレルのセンター出しパーツに良さそうな部品も無かったので見合わせました(^_^;)

ホップパッキンはマルイ製電動のVパッキンのコピーでした。

当方の個体はプラバレルにもパッキンにも不具合も無さそうなので、とりあえず保留ですが。

子供心を持ったいけない大人心を出しまして…(^_^;)

スプリングをSUS製スーパーショットガンの10歳以上用のが良さそうなサイズでしたので。

そちらを流用して組み込み…。

10歳以上用のスプリング流用なのですが、0.2gにて初速55m超え…(゜ロ゜)

SUS製品より気密とパッキンが良い様です。

本題のTSG1のグリップをSUSスーパーショットガンへの流用も、取り付けネジの延長とセーフティ部分の削り込みのみで取り付けOKでした(^^)

まるきち様のアドバイスに本当に感謝致します(^^)

また宜しければ、今後もコメントさせて頂けたらと思います(^^)
デネブ
2014/05/06 12:25
デネブさん//

グリップカスタムが成功されたようでおめでとうございます!
デネブさんの拘りのグリップに交換されてたことで益々、スーパーショットガンとTSG-1に愛着が増したのではありませんか?(^^)

それにしてもTSG-1はトリガー周辺に限らず、内部のバレル構造も一体型の省約設計になっていましたか(^_^;)
いくらコストカットの為とはいってもバレルくらいは独自パーツを使用してくれても良いと思うのですが、やはり約3千円という価格帯では難しいのでしょうかね。

ともあれ、カスタムされたTSG-1とスーパーショットガン、世界に1つだけのオリジナルモデルなので大事に使ってあげて下さい(^^)/

あまりお役に立てなかったかもしれませんが(^^;)
今後も当ブログをよろしくお願いします。
まるきち
2014/05/08 19:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クラウンモデル: TSG-1 (エアコキ) まる吉のトイガン駐屯地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる