まる吉のトイガン駐屯地

アクセスカウンタ

zoom RSS マルゼン:P99コンパクト タクティカルセット (ガスブロ)

<<   作成日時 : 2013/03/13 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
マルゼンのムービープロップシリーズ、P99コンパクト タクティカルセットの紹介です。

P99コンパクトは、ドイツのワルサー社が開発したポリマーフレームオートのP99をベースに携帯性を高める為に短縮させたコンパクトモデルで、2004年頃に発表されました。

当ブログでもフルサイズのP99(マルゼン製ガスブロ)とP99コンパクトを取り上げてきましたが、今回はマウントベースやフラッシュライトが付属するタクティカルセットの紹介です。
この記事では主にセット内容について紹介していきますのでトイガン本体のP99コンパクトについてはコチラを合わせてご覧ください。

画像
パッケージ内にはハードケースがありトイガン本体と付属品一式が収められています。
画像
ケースを開けてみますと中にはマウントレイルが装着されているP99コンパクトとフラッシュライトがあります。その他の付属品や取説などはケース蓋側のスポンジ裏に隠れていました。
画像
ケースに収められていたセット内容を並べてみました。
・P99コンパクト本体
・グリップエクステンション付きP99用マガジン
・専用タクティカルマウント
・マウント用サイドレイルと固定用ネジ
・フラッシュライト(MF-5)
・リモートスイッチセット
・マウントリング
・CA123Aバッテリーが2個
・BB弾ローダーセット

というセット内容となっています。上の画像には写っていませんがマウント取付用とホップ調節用の六角レンチなどの工具や取扱い説明書も付属しています。

これだけのセット内容でもかなり豪華ですよね。
画像
ワルサーバナー入りのP99コンパクト専用タクティカルマウントは上下にピカティニー規格のレイルを装備しているので各種のサイトやライトなどを搭載することが出来ます。また、タクティカルマウントはグラスファイバー製のモナカ構造で六角ネジで固定されているので、六角レンチを使うだけでP99コンパクト本体へ装着と取り外しが行えます。そして、マウントサイドにはショートサイズのレイルを拡張できるので上下以外に左右にもオプションが装着できる4面マウントとなります。サイドのマウントレイルもレンチを使って装着出来る仕様になっているので簡単ですね。
タクティカルマウントはモナカ構造なので初めは剛性など不安でしたが、使ってみるとグラスファイバー製のマウントはサイトやライトを付けても強固で耐久性などに問題は無さそうです。
画像
丁度、トイガンのアンダーレイルにタクティカルマウントを合わせ固定しています。この状態でもアイアンサイトでの照準は出来ますが、やはりドットサイト等は載せたいですよね。
画像
という訳で、ドットサイトをマウントに載せてみました。
載せているドットサイトは、フロンティアオリジナルのチューブタイプのもので、専用レンズを付けると等倍から2倍率に変えられるという優れ物です(画像に写っているサイトには倍率レンズは付けていません)。
画像
こちらはフラッシュライトとホロタイプのサイトを装着したP99コンパクトです。流石に、これ以上装着すると重くて扱い難くて止めました(^_^;)
ちなみに、これだけのパーツを装着しても動作や操作に支障はありません。
※ただしオプションパーツの取り付け位置によっては動作や操作に支障が起きる可能性があります。

そういえば、「RONIN」という映画の劇中でG17Lにマウント付けてホロサイトを載せて使っていたオジサンがいて、それを観て「ハンドガンにホロサイトかよ!(笑)」とか突っ込んでいた私が今、P99にホロサイトを載せてます(汗)
映画自体は結構、楽しめる作品だと思うので機会があれば是非!

画像
付属するフラッシュライトはMF-5というもので現在、主流のLEDランプではありません。アルミ製のボディでCR123Aバッテリーを2本使用します。全長は約120o、ボディ径は1インチサイズです。
スイッチはライト後方のテールにあるスイッチを押しているだけの間、点灯する間欠点灯となり、連続点灯にするにはテールキャップを閉めると連続点灯になる仕組みです。シュアファイなんとかというメーカーのライトで例えるとタクティカルシリーズに近い操作性です。
明るさは現在の同等サイズLEDライトなどと比べると暗く感じてしまいます(^_^;)

ライトヘッド部分にもワルサーバナーと「TACTICAL」というプリントがあります。
画像
リモートスイッチが付属しているので、テールキャップ部分を交換するとリモートスイッチによるライト点灯ができます。ハンドガンのみならずSMGやライフルにも使えそうですね。
画像
現在では、既に生産を終了してしまっていますが、マルゼンでは不定期でこのようなセットモデルをリリースしています。通常モデルに数千円プラスという場合が殆どなので気になったモデルが登場した時は手に入れておくのも良いですよ〜。


定価:19800円(税別)







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんな大きさで9mmパラとは、撃ちにくそうに見えます。.380ACPがいいのではないか、と思いますが、そうするとフルサイズモデルと弾倉の互換性がなくなりますねぇ(本当に互換性あるのか知りませんが)。

 グレゴールはあれで子供を狙ってましたね、サイテーな悪役だと思いました。ケースについてじゃなくてそっちで逮捕されたりしたらバカみたいですが(笑)
 RONINは30発弾倉付きのSG551が出てましたね、まる吉さんの552へのご興味の一因でしょうか?
フィンブル
2013/03/15 23:03
お〜、P99ですか。
ポリマーフレームのハンドガンの中では1番好きですね!
個人的にはコンパクトじゃなくてノーマルサイズの方が好きなんですけど(^^;;
自分はP99は「ボンドの銃」ってイメージなんでタクティカルマウントとかライトとか付けると「あれっ?何か違う」って感じちゃうんですよねぇ。
やっぱりサイレンサーが1番似合うと思います(断言)
そういやどっかからボンド仕様のサイレンサー付きガスブロP99が出てたっけ?
記憶違いかな?

葉月
2013/03/16 20:33
フィンブルさん//
このサイズでハンドガンを連射したら手の中で暴れそうですよね。
実際のP99Cにはフルサイズモデルに合わせて9o以外にも.40S&W口径モデルがあろそうですが、9o以上に撃ちにくいでしょうね(^_^;)

RONINでサムのSG551とミニミの扱い方、バシッと決まっていてカッコ良かったです!
お察しの通り、SGライフルへ興味を持った作品の1つです。
まるきち
2013/03/16 22:41
葉月さん//
自分もP99は好きですよ。特にグリップの握りやすさと機能美は良いですねぇ(^^)
確かにP99は映画007でも登場していたので“ボンドの銃”というイメージは強いですよね。そんな訳でマルゼンからも過去に何度かムービープロップシリーズとして、葉月さんのご記憶にもあったサイレンサーをセットモデルを販売していまよ。
まるきち
2013/03/16 22:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マルゼン:P99コンパクト タクティカルセット (ガスブロ) まる吉のトイガン駐屯地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる