まる吉のトイガン駐屯地

アクセスカウンタ

zoom RSS UFC:イーグルタイプ ハンドガンケース

<<   作成日時 : 2012/11/07 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
UFCのイーグルタイプ ハンドガンケースの紹介です。
UFCといえば、トイガンや関連パーツや装備などトイガンに関する幅広い製品を輸入、製造、販売している会社です。
そんな多数ある製品の1つが、このイーグルタイプハンドガンケースです。
これは以前にナイトウォーリアを購入したときにショップのサービスとして付いてきたガンケースですが、折角なので紹介したいと思います。

画像
ケースの素材はナイロンで俗にソフトケースとよばれているものです。
表面にはマジックテープ仕様になっているのでパッチなども貼ることが出来るようになっています。取っ手も付いているので運搬は、とっても楽です(・ε・) スミマセンです

サイズは約36×約20pで、幅は約4p(何も入れていない状態で)となります。紹介しているケースのカラーはブラックとなりますが、UFCのサイトを見てみると他にもOD、TAN、MC、ACUなど迷彩柄もあります。
画像
ケースカバーのナイロン素材の内部には衝撃材としてウレタンが入れられているので衝撃から本体を保護してくれるでしょうね。また、ケース内部の片側のカバー裏にゴムバンドが配置されていてマガジンなどを固定できるようになっています。
画像
ゴムバンドには6つのスポットがありマガジンやフラッシュライト等を固定しておくことが出来ます。
ただし、このゴムバンドの間隔が短くてマガジンを並べて固定すると上の画像の様にマガジンバンパーが隣のマガジンにぶつかってしまいます。できれば5oほどバンドの間隔を空けてほしかったですね。まぁ6つもマガジンを入れることは滅多にないので1つ間隔を空けて固定すれば、ぶつかることもありません。
画像
トイガン本体はケースのポケット内に収納する形になります。
サイズ的にガバメントやM92、G17、P226のようなサイズのモデルであれば1挺、PPKやG26の様なコンパクトハンドガン同士であれば2挺程度入るスペースです。ガバやG17のようなハンドガンも角度などを調節すれば2挺入れられそうですけどポケット内部でトイガンを固定することが出来ないので運搬している最中にトイガン同士が衝突などしてキズや破損などが起こることもあるかもしれません。
画像
MK23やデザートイーグルのような超大型ハンドガンも収納可能です。ただし、Mk23の場合、本体ほかにマガジンを2〜3本を入れようとするとケース内部が、ぎちぎちになってしまいます。気になる場合はマガジンは別に方法で運搬する必要がありそうです(^_^;)


と、ここまで簡単にUFCのイーグルタイプ ハンドガンケースについて紹介してきましたが、1つ不思議なことがありました。商品名にもある“イーグルタイプ”とは恐らくアメリカのEAGLE Industries社の事だと思いますが、EAGLE社HPの製品を探しても、今回紹介したハンドガンケースの様な製品が見当たらないんですよね(^_^;) もしかすると他のイーグルという会社の製品かもしれませんね。何かしら情報をお持ちの方はお教えいただくと謎が解けるので、宜しくお願いします。

まあ不思議なこともあるハンドガンケースですが、ケース自体はトイガンの運搬と保護にも便利な製品です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
UFC:イーグルタイプ ハンドガンケース まる吉のトイガン駐屯地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる