まる吉のトイガン駐屯地

アクセスカウンタ

zoom RSS KSC:H&K USP.45 タクティカル (ガスブロ)

<<   作成日時 : 2012/05/27 15:07   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

USPタクティカル
KSC製のガスブローバックガンH&K USP.45 タクティカルの紹介です。
数あるKSC製品の中でも、モデルの再現具合や実射性能で定評や人気があるシリーズの1つに、USPシリーズが有ると思います。コンパクトモデルと.45口径のフルサイズモデルを中心にバリエーション展開がされている事でも人気度が判りますね。
また、実際にH&K社の主力ハンドガンは、USPとなっていて、USPの後継モデルであるP2000やP30、更にHK45が登場した現在でもUSPシリーズはカタログに記載されています。H&K社の拠点ドイツ国内では軍、連邦警察など採用され、他にも世界各国の多くの軍や警察機構で使用されています。
KSC USPタクティカル
今回、紹介するUSP.45 タクティカルは、.45ACPを使用するUSP.45フルサイズモデルをベースに攻撃的で戦術的有効なカスタムパーツ(例えば:サプレッサー装着を前提としたネジが切られたバレル)を装備したモデルです。

※比較用に並べているのは同社のUSP.45(05HK:ハードキックモデル)
画像
さて、このUSPタクティカルは、2〜3年くらい前に発売された限定品(買った後から知りました)です。限定品と言っても通常のUSPタクティカルと異なる所はグリーンフレームモデルということ。実銃のUSPでも、グリーンやタンにグレーなどのカラーフレームバリエーションがあります。
グリーンカラーは塗装によるものではなく成型カラーとなっていて、擦れたり削れても、あまり目立ちません。
スライドに「USP TACTICAL」とシャープな刻印が入っています。まるで「ノーマルUSPじゃないぞ!」と言っているかのよう。
画像
アウターバレルには、ネジが切られていてMk23と同じ16mm正ネジのサプレッサー等のオプションが装着可能です。ただし、アウターバレルはプラ製なので何度も装着を繰り返すとネジが潰れてしまう可能性もありますね。この辺りは耐久性の事も考えて金属製にして欲しいところ。更にアウターバレルのグリーンのラインは、命中精度を高める為に設置されているOリングです。
画像
画像
サイトはサプレッサーを装着する事を前提に、サプレッサーを装着していても狙える背の高いサイトが装備されています。フロント・リアサイト共に日光などの照り返し防止の為のセレーション加工がされていて、どちらも金属製の別パーツです。また、リアサイトの上面に「HK」マークのプリントがあり、上下左右に微調整が出来る精密タイプとなります。

※サイトに白い小さな付着物がありますが、これは以前にサイトを加工した跡で新品には付着物はありません。
画像
トリガーの可動エリアを調整出来るトリガーストップをトリガー裏側に装備しています。このトリガーストップを調整することで精密射撃や速射に一役買っています。
画像
フレーム後部にあるコントロールレバーは左右から操作できるアンビタイプとなります。レバーを上げるとセイフティオン、下げるとセイフティオフ、更にハンマーコック状態でレバーを押し下げるとデコッキングの動作になります。

グリップは.45口径のダブルカラムモデルということもあって少々太めです。握りやすさでは、同じ.45口径のダブルカラムモデルのHK45の方に軍配が上がりますね。
画像
ハンマーをコックするとファイアリングピンの再現が、ファイアリングピンパーツを上から押すとピンパーツがちゃんと可動します。
画像
エキストラクター兼ローディングインジケータの上部は、少しだけ塗装されているのも再現されています。
エキストラクター兼ローディングインジケータの前にあるエジェクションポートのチャンバーカバーに「HK .45 Auto」とその下にシリアルナンバーの刻印が入り、フレームにはレーザー刻印で「Heckler & Koch GmbH」とトイガンオリジナルのシリアルナンバーが入れられています。
画像
チャンバーにホップアップ調節用のダイアルがあり、分解せずにダイヤルを回すことでホップ強弱を調整出来ます。調整用の工具レンチは付属してきます。
画像
マガジンを外し、本体左側のスライドストップをスライドの切り欠きに合わせて外すと、フィールドストリッピング(通常分解)が出来ます。スライドストップを外したフレームに、KSCの刻印が隠されています。
画像
USPタクティカルはシステム7エンジンを搭載しています。従来の05HKモデルのUSPパーツと互換性は基本的にありません。それにしても、USPの内部はガバ等に比べると複雑ですね。リコイルスプリング&ガイドだけでも、もう凄いことになっています(^_^;)

ちなみに、スライドのスライドストップノッチは金属等での補強は無い模様です。
画像
命中精度向上の為に、リアルライブショートリコイルというアウターとインナーバレルが一緒にショートリコイルする機能は省略されてしまいましたが、ホールドオープンした時に05HKモデルで見えていたシルバーのシリンダーユニットが、システム7モデルでシリンダーユニット自体が変わり目立たないようになった事は嬉しいですね。
画像
マガジンはフィンガーレスト付きUSPタクティカル用マガジンが付属します。このマガジンはシステム7のUSP.45シリーズであれば共用できます。装弾数は25発となります。従来の05HKマガジンには装填用の窓が無くBB弾が入れづらいと不評でしたが、システム7マガジンでは窓が設置されマガジンフォロアーにBB弾装填用ロック機能が付いたのでリアルさは減りましたが使いやすさは向上しました。
画像
マガジン底のフィンガーレストにもHKマークが入ります。ちなみに、このフィンガーレスト付きマガジンは別売りされていないので、同じものを予備で用意しようとするとノーマルマガジンを用意しフィンガーレストパーツをKSCに注文しなければなりません。フィンガーレストパーツ自体のお値段は600円(税別)なり。
画像
さて、気になる動作ですが、システム7エンジンを搭載しているので“ガッガッ”と力強くてスピードのあるキックです。マガジンのガス容量が大きいこともあり動作は安定感も安定しています。Mk23用のサプレッサーを装着して射撃しても問題なくブローバックします。05HKのUSPと比べても冷えにも強くてガスが無くなる直前でもスライドストップが掛かります。発射音も大きめです。ただし、燃費は05HKモデルよりも悪くなった印象です。
室内気温、約20度の環境にて初速は0.2gBB弾で、10発の平均は約83m/s(0.69J)となります。
集弾性能は、室内約6mの距離で5発撃ったものを計測すると40oとなりました。コンパクトと同様に狙点よりも2〜3p下に当たります。
画像
KSC製のUSPシリーズは、リアルライブオペレーションというシステムを搭載しており、スライドを引き、初弾を装填する動作をしなければ発射できないという、実銃の操作を再現しています。見た目の再現い以外に機構もリアルに再現しています。また、システム7エンジンを搭載し、安定した動作と実射性能を併せ持つハンドガンです。USPファンはもちろん、特殊部隊用のソーコムピストル:Mk23を継承したタクティカルモデルなのでMk23が好きな方にもオススメなハンドガンです。

KSC製USP.45タクティカルの実射動画はココをクリック

定価:グリーンフレーム 20500円(税別)/ノーマル 20000円(税別) 全長:約218o 重量:約853g





おまけ
画像
H&K社の45口径ハンドガンシリーズです(全てKSC製)。左からHK45Mark23、USPタクティカル、USPです。
画像
試しに、実銃用(USP.45)のサファリランド製ホルスターに入れてみました。ホルスター差す為にレイルアダプターとCQフラッシュを装着してますが、問題なく実銃用ホルスターに使えました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いいですねタクティカル。
あんまりカタログなんかを見てなかったのでこれの存在に気づいたのがつい最近のことでした。
私もKSCのHKシリーズが好きな方なので機会があれば購入しようかと思います。
でもサイレンサー用のネジはやっぱりM16なんですね。
山犬
2012/05/28 03:25
山犬さん//
USPのバリエーションは多いですからね(^_^;)
少し残念なのが、アウターバレルのネジがプラ製といことでしょうかね。
でも、実射性も良く撃って楽しいですよ。HK好きならオススメです。
まるきち
2012/05/28 21:30
どうもでーすノ レビューお疲れ様です。
うむむー先日マルイのエアコキUSPを購入してから、H&Kのハンドガン熱が高めなんですよね〜w いいなぁ〜タクティカル。でも、個人的にODのフレームがイマイチだったりして(苦w
しかし、アウターバレルが金属製でないのが残念ですねー、業界団体の自主規制にひっかかっちゃったのかなぁ。
買うならとりあえず、ノーマルのUSPかなぁ・・・(苦w
具ロック
URL
2012/05/29 20:12
具ロックさん//
フレームのカラーリングは、好みが分かれますよね。
アウターバレルがプラ製なのが非常に惜しいです。ネジが切っていないバレルであれば良いのですが、ネジが切ってある場合は、サプレッサーを装着したいですから、、。ちなみに他のシグやグロックシリーズでネジ切りバレルのモデルのバレルは金属製なんですよね…。
まるきち
2012/05/30 22:10
通りがかりの素人ですが、トイガンもいろいろあるんですね、興味深いです。
吉沢@外国語
URL
2012/07/12 23:46
吉沢@外国語さん//
そうですね。あんなものからこんなものまで色々な種類のトイガンがあるんですよ♪
まるきち
2012/07/14 11:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
KSC:H&K USP.45 タクティカル (ガスブロ) まる吉のトイガン駐屯地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる