まる吉のトイガン駐屯地

アクセスカウンタ

zoom RSS Mトレーディング : P229 (エアコキ)

<<   作成日時 : 2012/04/08 15:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
MトレーディングのP229の紹介です。 購入したきり、約4年程忘れていました(滝汗)

Mトレーディングとは、主に海外のトイガンやパーツを輸入して販売している会社で、これまでに紹介したP99P8G33ロングガバメントCz75DなどもMトレーディングが販売してるものです。
その中でも、台湾のHFCが製造するエアコッキングハンドガンシリーズは、国内メーカーの製品では、再現されていないホールドオープン機能や可変ホップアップが搭載されているのが特徴です。
画像

画像
購入したのは、10歳以上用のブラックモデルです。10歳以上用の他に18歳以上用やシルバーメッキのシルバーモデルもあります。パッケージ内に付属するのは、P229本体、BB弾、HOP調整用レンチ、取説となります。
画像
全体的なデザインを見ると、元になっているモデルは、SIG P229でしょうかね。でも、スライドが少し長くコンパクトモデルのP229よりもフルサイズモデルのP226風になっていますが、かけ合わせが上手い感じでSIGらしくデザインとなっています。手持ちのP226のトイガンと比べてみると少しスライドの厚み(幅)がありP226用のホルスターには入りませんでした。また、刻印などはHFCオリジナルのものとなっています。
トリガー、ハンマー、バレル、リコイルスプリングガイド等は金属製となります。
スライド、フレーム共に一体成型で出来ていて、モナカのようなギシギシ感は、それ程ありません。
画像
トリガーとハンマーは、連動していてダブル/シングルアクションで可動します。更に、このP229は、デコッキング機能を再現していることでしょう!スライドを引いてコックした状態やハンマーを手動でコックした際に、グリップ左側にあるデコッキングレバーを下げるとハンマーが安全な位置まで倒れる仕組みです。この際に発射の動作は行われずに、再びトリガーを引くことで弾が発射されます。これには、驚きましたね。エアコキでデコックが再現されているモデルは本当に少ないですからね。
そして、デコッキングレバーをデコックされる位置よりも更に下げるとセフティがかかりトリガーが引けなくなります。
画像
他のHFC製のP99、P8、G33、ロングガバメント同様にマガジンのBB弾が切れた状態でスライドを引くとスライドストップが動作してホールドオープンします。アウターバレル、リコイルスプリングガイドは金属製ですが、シルバーカラーで、ちょっとしたアクセントになっていますね。
スライドの操作ですが、10歳以上用のモデルですが、他メーカーの10歳以上用のエアコキと比べるとコック(コッキング)が少し重たいような気がします。
画像
エジェクションポートにあるチャンバーカバーの上面には、ホップアップを調整するための穴が設置(画像の黄円で囲った部分)されています。ここに付属する六角レンチを使いホップアップ(弾道)を調節することが可能となります。
画像
スライド刻印は、HFCオリジナルでモデル名は「SUPER P229」となります。また、その刻印の下には、「ASGK」という日本のトイガン業界団体の刻印があります。これは輸入された時に後から入れられたものでしょうね。更にその下のフレームには「MADE IN TAIWAN」という製造国刻印があります。
画像
実射性能ですが、弾道は0.12gBB弾で少し浮き気味に飛んでいきます(HOP調整しても)。また、5発に1発ぐらいの割合でハズレ弾道がでるのは、海外製トイガンらしいですねぇ。
命中精度は、室内で約6mで10発撃った集弾を測ると約72oとなりました。10発の内7発は直径5pぐらいにまとまって当ります。

海外製のトイガンなので、供給が不安定がちですが、デコッキングやホールドオープンなどのギミックも再現されていて貴重なモデルです。見つけたら確保しておきたい1丁ですね(^^)


購入価格:2400円ぐらい 重量:約617g 全長:約203o






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
レビューお疲れ様です。

おぉー素敵ですね! エアガンでここまでの再現は確かに希少ですね!
国内メーカーさんは最近エアコキハンドガンに力を入れているメーカーさんがないので、こういう技術を独自開発して搭載し、価格も据え置きで出してくれないかなぁとか思う今日この頃です(苦w
今の設計技術と、いい素材を使えば出来ると思うのですよ。
がんばれ、国内メーカーさん! ですね(苦w
具ロック
URL
2012/04/09 01:07
具ロックさん//
最近は、海外製のエアコキでも結構、クオリティの高い製品が出ていますからね。コスト的なことで、難しいのかもしれませんが、日本国内のメーカーの底力を見せてほしいものですね。
まるきち
2012/04/09 21:50
どうもです〜。

海外のエアコキといえば、やっぱりSUSあたりの印象が強いですね、個人的に。国内でももっとエアコキに力を入れてくれてもいい気がしますよね・・・!やはりトイガンの初歩はエアコキだろ!って感じですしw

余談ですが、エアコキつながりで・・・このあいだHK45やUSPを横目に、クラウンのエアリボルバーを買ってきました!w まるきちさんのレビューなども参考にさせていただいた上で、選んだのはパイソンハンターのステンレスモデル!うん、やはり低価格で値段以上のクオリティーを得ることが出来るエアトイガンってのも、ガスとは違う良い面がありますね〜(´∀`)
なみぼん
URL
2012/04/09 23:08
外国の製品なのにASGK承認の製品なのですね^^
P22Xシリーズはグリップが太いというイメージがあったのですが、意外に握りやすそうです

エアコキなのにHOP調整できたり、デコック出来たりするのですごいです
・・・失礼ですが、おいくら程したのでしょうか???
うsp
2012/04/10 21:37
なみぼんさん//
S2Sのエアコキは、他の海外製エアコキと比べて比較的に流通量が多いですからね。イメージが強いかもしれません。
それに比べるとMトレーディングは、微妙かもしれません、、。

クラウンのリボルバーですか。エアーのリボルバーといえばクラウンですよ!カートアクションで楽しめるのも良いですよね(^^>
まるきち
2012/04/11 21:39
うspさん//
Mトレーディングは、マルシンの関連会社ですので、マルシンが発売していた当時に加盟していたASGK承認商品になっていると思います。
このP229は、コンパクトモデルのグリップを再現しているので、結構、握りやすと思いますよ。

値段ですが、結構前に購入したのでハッキリ覚えてはいませんが、2400円程だったと記憶しています。
まるきち
2012/04/11 21:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Mトレーディング : P229 (エアコキ) まる吉のトイガン駐屯地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる