まる吉のトイガン駐屯地

アクセスカウンタ

zoom RSS NO.WD898 (タクティカル・エリート タイプ)

<<   作成日時 : 2010/08/29 23:17   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
ついこの間まで旅行に行っていてきたのですが、その旅行先で中華ガンを売っている所があったので買ってきました。
画像
NO.WD898というモデル名のエアコキで価格は600円でした。パッケージを見ても分かるようにモデルになっているのはM92 タクティカル・エリートでしょう。ちなみにパッケージ等を見てもメーカーは書いておらず不明です(;^_^A
画像
箱を開けてビックリ! パッケージのイラストと比べると仕上げが大分簡略化されていますね。塗装や刻印は一切ないです。唯一、パッケージと同じなのはグリップパネルのスクリューがシルバーカラーということぐらいでしょうか。
スケールはほぼ1/1スケールと言っていいでしょう。殆どのパーツはプラ製なんですが、中華ガンにしてはバリ等はあまり見られません。

実銃で言うところのブリガディアスライドショートバレルスケルトンハンマーを装備しているので流石、M92系のエリートモデルという感じです。
画像
スライドには日本語の注意書きが書かれたシールがありました。輸入されてから貼られたのでしょう。簡単な日本語の取説もありました。
手にしてみて驚いたのが、ハンマーがライブで動いたことです。しかも、トリガーを引くと連動して動くダブルアクションも出来るのです。その他にも、セイフティ代わりのスライドストップやテイクダウンレバーも可動します。
画像
パッケージには通常分解のやり方が書いてあるのですが、何度か試してみても出来ませんでした。
画像
マガジンはフルサイズタイプのもので装弾数は15発となります。
射撃するには何時も同じようにスライドを2cmほど引いてコッキングしトリガーを引けば射撃できます。スライドを引く力は少し重くマルイ製コッキングハンドガンの18才以上用モデルと同じぐらいの力が必要です。パワーも18才以上用モデルと殆ど変化はありません。残念ながらホップアップシステムまでは搭載していなく、飛距離は短めとなります。インナーバレルもプラ製で命中精度もマルイ並とは言えませんが、部屋撃ちであれば特に問題ないレベルです。
画像
WAのガスガンと並べてみました。流石にプラパーツの耐久性は高くなさそうなので荒っぽく使用すると直に壊れてしまうかもしれませんが、このNO.WD898は思っていた以上に良く出来ていました。以前にアカデミーのM92Fを紹介したとき「1000円のモデルでココまで出来るのか」的なことを書きましたが、600円の中華ガンでもココまで再現できるんですね。
画像
ちなみにCQCホルスター(パチ)も問題なく使用できました。



全長:約210mm 重量:約318g

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 こんばんは、いつも通り暇しているフィンブルです。
 ビックリしましたよ、サムネイル見て本気でブローバックガスガンだと思いましたΣ最近はこんな訳のわからない名前でガスガン出てるのかと真面目に思ったらエアコキだったとは・・・
 いい出来ですねぇ、トリガーガード全面が太いみたいですけど他はとってもいいですね^^仕上げが簡略化されてるとはいえ、その辺は気軽に塗装すれば面白いんじゃないですか?刻印の白字とかセフティの赤点とか。

 実物がそうなのか写真がうまいからか知りませんがホントきれいなマットブラックですね、デフォルメもないのでエアコキと書いてあってもガスガンに見えます^^
フィンブル
URL
2010/08/30 20:07
フィンブルさん こんばんは
今回の写真は、一部を除いて何時もとは違う所で撮影したので
少し感じが異なるんでしょうか?

それにしても、中華のトイガンって時々「NO.WD898」のように
なんかスゴイ名前の物がありますよね!
まぁ商標とかで色々な問題があるんでしょうけど
こんな名前を聞いただけでは想像がつきませんね(;^_^A

それに、塗装するという手もアリですよね。元々の値段も安いので気軽に出来ますし♪
まるきち
2010/09/03 00:01
物凄い久しぶりにコメントします(何ヶ月ぶりだろう?)

私もコレを所有していますが、通常分解はマルイのエアコキM92Fと全く一緒です(スライド外しが硬いだけ)
というより、内部構造から一体成型スライドまで、マルイ製エアコキM92Fのコピーでした(苦笑)
自分の個体は、ちゃんとホップアップまでついてましたが、中華にありがちな殆ど効いてないです。
インナーバレルはプラスチックですが、結構ましな方ででしたよ。

ただ、私の場合はKSCのM92Fイノックス2しか比較対象がないのでどう言えばいいんだろうですね(汗)
jasdfGA
URL
2010/09/04 08:03
jasdfGAさん お久しぶりです(^^/
これ、分解する時スゴク硬いですよね。色々と試していたら分解できました。確かにマルイのエアコキとそっくりでした(;^_^A
残念ながら、自分の個体にはHOPは無かったです(T_T)
どうせならHOP搭載の個体が欲しかったですね…。

KSCのイノックスをお持ちでしたか(^^)いいなぁ♪
まるきち
2010/09/05 14:39
すみません、これのマガジンってマルイのエアコキベレッタと同じですか?
ダブルイーグル
2012/01/15 20:42
ダブルイーグルさん//
マルイのベレッタってM9の事ですよね?
だとすればマガジンは同じではありません。
まるきち
2012/01/17 12:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
NO.WD898 (タクティカル・エリート タイプ) まる吉のトイガン駐屯地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる